ストレッチ

そのストレッチには意味がない?! ~野球選手にとって必要なストレッチ~

本来のストレッチの意味を考えよう

皆さん、スポーツや身体を動かす前には、ストレッチを行われる方が大半ではないでしょうか。

身体を動かした後にも翌日のためや、今後のためにストレッチを行われるでしょう。

しかし、今あなたが行っている、ストレッチの本来の意味を考えたことはあるでしょうか?

もし仮にそのストレッチに意味がなくて、むしろ故障のリスクを高めているものであったらどうですか?

科学的に言われている内容だけではなく、体の根本的なことを追求していく意味でのストレッチの意味、意義について話していきたいと思います。

一度、このタイミングに記事を読んでみて考え直してみてください。

ストレッチの現実

ストレッチは大きく分けて2種類に分類されます。

その2種類とは

 

・動的ストレッッチ

・静的ストレッチ

 

の2つです。

現在の野球界で多く行われているのは、性的ストレッチなので、今回は静的ストレッチに関して記して考えていきます。

さて野球界で行われている、静的ストレッチの目的に関して考えていきましょう。

 

・体を柔らかくする

・疲労を回復させる

・筋肉を伸ばす

 

この3パターンぐらいがよく言われていることではないでしょうか。

しかし、どうやら現実はそうは上手くいっていません。

実際は、

 

・体を柔らかくする→実は、硬くなります

・疲労を回復させる→実は、疲労します

・筋肉を伸ばす→実は、伸ばす理由がない

 

これが静的ストレッチの現実です。

これに関しては科学的に解明されており、静的ストレッチは行わないというスポーツ種目もでてきています。

静的ストレッチの現実

静的ストレッチとは、筋肉を引き伸ばした状態で静止するストレッチです。

この時の筋肉内の血管は、収縮しているので血流の流れが阻害されています。

血流阻害が起きると、栄養が行き届かない、酸素供給が乏しくなる、身体が冷えるといった現象を引き起こします。

つまり、硬くなり、疲労します

さらに筋肉自体を伸ばしていいことは特にありません。

筋肉はある一定の長さに伸ばされ、一定の負荷となった時に、自ら(筋肉)の反射によって短縮する特性があります。

この筋肉の特性に沿った状態になっていることが筋肉にとってベストな状態であり、単純に柔らかく、だらだら伸びている状態がいいということでは決してありません。

ストレッチの本来の意味を考える理由

これが一般の方であれば特にお伝えすることはありませんが、アスリートであり野球人である以上、ここで記した考え方を持つことはとても重要です。

一つの考え方を工夫することによって、全てのことにリンクし様々なひらめきや、大切なことが見えてきます。

ストレッチとは、選手からしても、監督などからしても、練習の中では重要度が低い分野の練習ではあると思います。

しかし、怪我や故障のリスクを下げるため、と必ず練習メニューには含まれています。

何も考えずともこなしていくのはとても簡単なことでしょう。

しかし、野球は誰のためにやっているのでしょうか?

自分のためではないでしょうか。

人のためにやっているのなら今すぐにやめるべきです。

自分のためにやっているから追求できるし、考えられるし、楽しいと感じられるので、苦しくても、頑張ることができるのだと思います。

野球という特別なスポーツは、誰でも続けることができるスポーツではないことを理解して欲しいと思います。

今、この瞬間がとても大切な時間です。

ストレッチの関連記事

Contents Menu

ウォーミングアップで怪我をする ~正しいウォーミングアップの在り方~
ストレッチはいい加減にやった方が効果が大きいって知ってた?
あなたのストレッチは無意味だったらどうしますか?
野球選手のストレッチに意味がない?!~ストレッチをしているのに故障する理由~
プロ野球選手のケアはケアになっていない ~プロ選手の真似を意味しても意味なし~
投手の投球前にストレッチは必要ない?! ~投手のコンディショニングに必要なこと~

最新記事のチェックにフォローしよう