技術向上

日頃のピッチング練習は試合ではいかされていないという悲しいハナシ

投手にとって本当に必要なこと

投手にとってピッチング練習とは、何が目的なのでしょうか?

もちろん人によって細かいテーマは様々だとは思いますが、

 

・コントロールをよくする

・球速をあげる

・球種を増やす

・投げ込んで肩を強くする

・キレのいいボールを習得する

・監督やコーチへのアピール

 

などなどが大きな理由ではないかと思います。

しかし、ここで考えて頂きたい大切なことがあります。

それは、

 

試合で活躍するための練習が上記の中にいくつありますか?

 

ということです。

早々に答えを言ってしまうと、一つもありません。

誰もがわかっているようで意外とちゃんとわかっていないことがあります。

投手が試合で投球するにあたっての一番の目的です。

それは、

 

相手チームを0点に抑えること

 

です。

これ意外に投手の役割というのはありません。

投手の役割から必要な練習とは

では、試合で0点で抑える上で必要な練習とは、なんでしょうか。

それは簡単で

 

日頃のピッチング練習で0点に抑えるという目的で練習に臨むこと

 

です。

日頃のピッチング練習で0点に抑えるという目的で練習している投手はまずいないのではないでしょうか。

何を言葉遊びみたいなことを・・・と思われるかもしれませんが、この目的意識というのはかなり大切です。

それは練習でのピッチングと、試合でのピッチングは全く別物だからです。

例えば、練習でのピッチングで、思った投球ができなかった、すっぽ抜けが多かった、逆球が多かった、となると練習での評価は低くなってしまいます。

しかし、試合ではそんな状態でも0点に抑え、試合を作ることで、高評価となる場合もよくあります。

また、練習でのテーマは自分の中にあるのに対して、試合でのテーマは相手打者との戦いの中にあります。

自分が「しまった!!」と思ったボールでも、打者が打ち損じる事によって打ち取ることができ、結果的にオッケーとなるからです。

このように考えた時、最重要に考えるべきことは

 

試合で結果を残すにはどのような練習をすればいいのか考えること

 

であるはずです。

試合ではすっぽ抜けたのに、打ち取れた!

逆にベストピッチングしたのに打たれてしまった!

こんなことたくさんあるのです。

試合で結果を残すことに焦点をあてると、何を練習することが一番合理的なのかがわかってくると思います。

では具体的に何をすればいいのか・・・それに関してはまたの機会に記しますので、一度みなさんで考えてみてください。

それでは!

技術向上の関連記事

Contents Menu

【第3話】経験の数がものをいう ~打者をてだまにとる投球術~
酸素スプレーは必要ない? ~酸素スプレーを使うのは自分の身体を信用していない証~
大きな変化を生むカーブを投げるために必要なこと ~変化球の投げ方~
ピッチャーが球速をあげる最短の方法 ~ただ闇雲に投げ込みをするのはやめましょう~
タメはためようとしてもたまりません。~タメの正体~
キャッチャーミットを見れば見るほどコントロールが悪くなるという事実

最新記事のチェックにフォローしよう