野球肩・肩のケア

肩がコリコリ言うんだけどこれって大丈夫なの? ~野球肩の悩みナンバーワン~

肩関節のコリコリ音の正体

野球選手だけに限ることではありませんが、

「肩を動かすとコリコリ言うのですが大丈夫でしょうか?」

という質問がよくあります。

これを読まれている方でも音がなる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

この音の正体って何なのでしょうか。

質問してくる人の大半は、自分の「野球肩」の可能性に恐怖を抱いているのではないでしょうか。

この部分にだけ答えるのであれば

とりあえずは大丈夫

です。

「とりあえず」と記したのは、「痛みがないこと」限定での話だからです。

痛みが全くないのであればとりあえずは問題ないということです。

さらに言えば、「いずれ痛みが出るのかどうか」という点においても「コリコリ音」で判断することはできません。

音が出るということは、どこかで擦れたりしている可能性が高いため、摩擦によって軟部組織損傷が発生する可能性はもっています。

そうなれば痛みが出ることも考えられます。

と、問題の面をピックアップはしましたが、「コリコリ音」がなるからという理由だけで、痛みが出る選手の方が少ないことは確かです。

違和感=故障ではない

この件に関する厳密な解析や解明は専門家にお任せするとして、

痛みが発生する可能性が起こっていても痛みは出ない

というようなことはスポーツの現場ではあるあるハナシです。

そのため、「コリコリ音」を気にして、安静を選択し、シーズンを棒に振ってしまうようなことはないようにしましょう。

肩の関節周辺での出来事なので神経質になることもよくわかります。

しかし痛みもないので、もちろんアイシングをする必要もありません。(『ピッチャーにとってアイシングは必要なのか? ~アイシングする時に考えて欲しいこと~』)

「コリコリ音」の一番考えられる要因は、

長期的な投球動作による酷使によって、肩関節周囲の暗部組織の硬化してしまい、ある部分とある部分が擦れやすくなってしまい発生している

ということは考えられます。

もし上記が要因であれば、その硬化している部分をなんとかする必要があると思います。

その際は、改善するような施術をしたりることも有効手段の一つではないでしょうか?

しかしそんな時はほぼ「痛み」が伴っているので、どこかに痛みが出るようでしたら、すぐに治療対象として捉えるべきです。

間違っても「痛み」はほっておかないようにしてくださいね。

右投げ、左投げとあるわけですから左右対象な体つきをしているわけがありませんので、そういったバランスの不均衡状態はあっても不思議ではありません。

むしろ不均衡だからうまく投げられているのです。

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩の治療をする前に魚由来のコラーゲンを食べよ!
その場しのぎにしかなりません ~湿布は貼っても怪我が治らないという事実~
野球選手が装着するだけでパフォーマンスアップするテラヘルツバンド「FORCE ONE」がマジでオススメ
投手に前で投げる意識はいらない
肩周りが柔らかいから大丈夫・・・が野球肩に最も危険
肩がひっかかる・ぬけるという違和感は野球肩のはじまり

最新記事のチェックにフォローしよう