思考法

野球はビジネス化して衰退していく

野球はビジネス化して衰退していく

「ボール」を投げる、「ボール」を打つ、走る、といったことを行って「点」を取り合うゲームのことを「野球」と呼ぶのは日本だけではないでしょうか。

他は「ベースボール」といった呼び方をしているのではないでしょうか。

そう考えていくと、一見「野球」は「ベースボール」と同じような気がしますが、昔の人気などから考えても、「野球」は「国技」と言えるのではないでしょうか。

「相撲」と同様に「国技」と言えるスポーツです。

40年前頃の人気は計り知れないほどのものでした。

私も小学生の頃に、親からテレビを見ることを制限されていても、布団に潜って、「文化放送」をラジオで隠れて聞いていたことを思い起こします。

当時は「西武ライオンズ」のファンでした。

渡辺久信、伊東、清原、辻、石毛、田辺、羽生田、秋山、平野、デストラーデ、バークレオ、工藤、・・・・いまでは考えられないほどの豪華メンバーでした。

現代のプロ野球で考えれば、巨人の坂本選手が15人くらいいるような感覚です。笑

そこまでの人気を誇ったのにも関わらず、最近ではTV中継も極端に減り、放送があっても中継が延長されたりすることはなくなりました。

なぜ、このようなことになってしまったのでしょうか。

どういった要因が働いて「野球界」が現状に陥ったのかを分析していくと、ある時点を境にしてプロ野球の方針が変わってきたのではないかということが分かります。

それは、

ビジネス色が浮き彫りになってきた

ということです。

「ファンを楽しませる」ということよりも、「経営的側面」や「運営的側面」を優先してしまっていることが選手やファンに伝わってしまっています。

プロ野球側は常にファンのことを考えて企画運営をしているはずが、知らず知らずのうちに、「経営的側面」ばかりの運営に変わってしまったっています。

そのため「ファン」の「夢」や「希望」を奪ってしまっています。

残されたのは高額な年棒を得られる職業ということだけで、現代では「お金」だけでは人は動かなくなってきています。

このような流れは、悪循環を生み出し、一度大きく回り始めたら歯止めが効かなくなります。

ドラフト会議の選手選びも、チームを強くする以外に、「ファン」を球場へと足を運ばせるための戦略を考えて人選するようになってきている気がします。

純粋に勝負をするのではなく、話題をあえて作ったりする動きになっているということです。

話題は作るものではなく生まれるものです。

ビジネス的な観点からすると、企画を練ってプロモーションをかけ、ブランディングして話題にすることです。

しかし、これは打ち上げ花火のようなもので継続性はありません。

一度大きな花火が上がった後は、空虚だけが残ります。

この繰り返しを続けているのが今の野球界です。

こんなことをしていては、昔のような根強いファンは生まれません。

それは現実にファンが減り、野球人口が減り、メディアもなかなか取り上げないといった部分が何よりもの証拠ではないでしょうか。

野球肩革命所」では、このような現状を憂い、野球選手が純粋にパフォーマンスを高めることにフォーカスし、化け物と言われるような野球選手が生まれるためのサポートをどんどん発信していきたいと思います。

その第一弾こそが、バッティングトレーニングアイアテムの「MONOBUN®/モノブン」です。

純粋に野球選手がパフォーマンスを効率的に高め、維持することだけにフォーカスしているので徹底的に余計なものは排除しています。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

もっと詳細な内容を確認したい方は、「MONOBUN®完全マニュアル」を無料にて公開しているので下記画像よりご確認ください。

▼「MONOBUN®完全マニュアル」▼

headerimg_monobun-manual_660

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」の発売日は2016年6月1日に4.480円(税込)で発売致します!

◆全長:1.040mm
◆重さ:170g±10g
◆グリップ径:27mm
※スイングを矯正するためのトレーニングアイテムです
※実際にボールを打つ商品ではありません
※子どもから大人まで扱い頂くことが可能です

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しており、一部の方にモニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきています。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は以下の項目を弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

■名前:
■フリガナ:
■年齢:
■連絡先(TEL):
■連絡先(Mail):
■本数:
■備考・質問:

「MONOBUN®」の詳細については、順次お知らせしていくのでご期待ください。

▼「MONOBUN®完全マニュアル」▼

headerimg_monobun-manual_660

思考法の関連記事

Contents Menu

無能な指導者ほど言いがちなこと
練習のための練習を野球界はいつになったらやめるのか
決め球がない投手は投手とは呼べない
プロ野球選手の引退後の生活が悲惨であることから目を背けてはいけません。
親は子どもの可能性を信じるだけでいい
野球選手向けの保険のハナシ ~野球選手はリスクばかり~

最新記事のチェックにフォローしよう