思考法

野球選手向けの保険のハナシ ~野球選手はリスクばかり~

野球選手向けの保険のハナシ ~野球選手はリスクばかり~

野球選手にはリスクがたくさんあります。

分かりやすいトコロで言えば、故障や怪我がいつ発生するか分かりません。

また、野球選手としては人生の半分も現役プレイヤーとして活躍することができません。

仮に職業にまですると、大半の野球選手は、野球以外の勉強や経験が乏しいケースが多いため、選手生命が終わると、人生が終わった気さえしてきます。

野球選手の様々なリスクを考えると、なにかそれに対しての保証ってないのかな?っと色々考えてみました。

例えばプロ野球選手に関しては

年俸保証

なんてあるといいのではないでしょうか。

これは、球団側にも選手側にもメリットがありそうですね。

球団側には、せっかくドラフト指名で獲得した選手が、全く活躍しなかったというようなことがあった際に、その選手の年俸の一部を保証されるような制度です。

また、選手側からすると、不足の事態におけるケガ等によりシーズン中に働くことができない場合、ある一定額の金銭的な保証があれば安心できるでしょう。

また学生野球には、

傷害保証

なんてあるといいのではないでしょうか。

ケガに対する保険は沢山あります。

しかし、ほとんどが「外傷」に対しての保険で、「傷害」に対しての保険はありません。

野球選手のような「ノンコンタクトスポーツ」には、「外傷」よりも圧倒的に「傷害」の方が多いため、「傷害」の治療に対する保証があると野球選手は嬉しいのではないかと思います。

「野球肩」や「野球肘」などの治療も可能ですし、トレーナーを雇用することもできるでしょう。

その他で言えば、

小学生から大人までメディカルチェック保険

なんてのもいいでしょうね。

毎年、「シーズン前」と「シーズン後」に医療機関でのメディカルチェック(体の状態の検査等)を保険を使って負担なく受けられるというものです。

この保険があれば、チームの「監督」や「コーチ」は喜ばしいことです。

大切な他人のお子様を預かっている立場としてはありがたい話です。

シーズン前後の体の変化を数値として把握しやすくなり、シーズンオフの状態も同時に把握することもできます。

「血液検査」から「関節」、「筋肉」、「神経状態」、「脳」、「心臓」など、隅から隅まで行えるといいですね。

ここまで記した保険が実際あるわけではありませんが、多くの需要があれば保険会社さんが要望に応じて保険を創ることができるようです。

「野球肩革命所」を毎日お読みいただいている皆さんは、どんな保証があると嬉しいですか?

ぜひ、お声をきかせてください。

直接、保険会社に要望を伝えるようにします!

ご意見は弊社LINEアカウントまで!(※個別に返信することはできません)

思考法の関連記事

Contents Menu

ピッチャーは投げる時にプレートは蹴らない
できないことを反復練習してもいつまでもできない
投手にスナップは必要ない
野球界の指導者がやるべきことは野球以外の情報収集
投手がエースになるために最も大切なこと
野球選手は試合に出れば練習なんでどうでもいい

最新記事のチェックにフォローしよう