投球術

あなたは「勝つ」投手になるための練習をしていますか?

あなたは「勝つ」投手になるための練習をしていますか?

投手には必ず「勝つ」投手と「負ける」投手が存在します。

できることなら皆が「勝つ」投手になりたいのは間違いありません。

さらに「勝ち続ける」投手と「負け続ける」投手がいます。

この差を分けるものが何かを考えたことがあるでしょうか。

一つ言えることは、「勝負事」の本質を分かっているかどうかにかかっています。

好投を続けていても、不運が重なり、点を取られ、敗戦となることもあります。

しかし、勝負事に不運は関係ありません。

命に関わらないものの、仮に生死が関わっていればそれは死を意味します。

もちろんスポーツですからルールのもと行いますので、そこまで深く考えることもありませんが、勝負ということにこだわって考える場合は、勝つしかありません。

そして勝てば手段は関係ありません。

つまり「勝つ」投手というのは、

できる限り点を取られないように投球する投手

のことを言います。

速いボールやキレのいい変化球、針の穴をも通すようなコントロールが「勝つ」投手の条件ではありません。

「勝つ」投手とは、点を取られない投手のことです。

>次のページ:投手は練習中の目的と試合中の目的に誤差がある

投球術の関連記事

Contents Menu

投手の大半は決め球の意味を知らない
勝つ投手とは
勝てる投手になるにはコントロールの本当の意味を知ること
前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない
投手がインコースをつくのは強気とは言えない
究極のシャドーピッチングのやり方

最新記事のチェックにフォローしよう