思考法

野球選手をお子様に持つお母さんに、今伝えたいこと

野球選手をお子様に持つお母さんに、今伝えたいこと

野球をするお子様をお持ちの親御さんへ、お子様のことをしっかり考えているのであれば行っておいて欲しいことがあります。

それは、

野球に関することで、何らかの怪我を負った際に使うことができる保険に入ること

です。

これからの野球選手に必要なことは

いくら練習しても身体を健康に保つだけの身体のメンテナンス

です。

もっと言えば、

いくら練習しても疲労を蓄積しないような身体の使い方を学んでいくこと

です。

野球選手は身体のメンテナンスと回復だけ正しくできればある程度は上達します。

それぐらい現状が、「オーバーユーズ」で「ミスユーズ」の状態が野球界に蔓延してしまっているとも言えます。

スポーツはいつ何があるかわわかりません。

突然何かの拍子に、怪我をすることもあるでしょう。

そして、その怪我が、とても深刻なものとなってしまうことも少なくはありません。

そんな時、選手人生を諦めてしまうのか、また、最先端の医療や、有名な治療家に治療をしてもらうことができるというアドバンテージはあった方があらゆる面で有利です。

しかし、それらの人に診てもらうためには高額な費用がつきものなので、その費用を賄うためには保険が適切になってくるでしょう。

子ども達はとても純粋に野球をしています。

怪我をしようとして怪我をすることはありえず、怪我をしたことで大好きな野球ができなくなっています。

そういった選手を一人でも減らしていくために、みんなでサポートしていくことが大切です。

「監督」、「コーチ」、「トレーナー」、「お父さん」、「お母さんが」常に選手のことだけを考え、選手は野球に集中できるような環境を準備し、用意しておくことは責任であり、義務だと思います。

もしそんな覚悟がないのであれば、一刻も早く、学力を向上させ、将来的に安定した職業の道へと導いてあげるることが必要でしょう。

今や、野球以外でも様々な選択肢があります。

野球選手の寿命はたいして長くありません。

それに比べ、人生において重要な時期を野球は奪います。

そのリスクに見合うだけの得られるものがある野球人生にしてあげられるよう万全のサポートをしてあげましょう。

「野球肩革命所」でもそんな親御さんやお子様をサポートしていきますので、記事をチェックしてくださいね!

思考法の関連記事

Contents Menu

これから冬の練習を過ごす野球選手へ贈る金言
正解の投球フォームを求めると投手として成功しない
あなたはこれからの野球界の変化についていけるか ~野球界の縦社会が崩壊する日~
野球選手の怪我・故障に保険があったら・・・なんて思ったことはありませんか?
親はもっと子どもを信じましょう
試合のための練習ってどういうこと? ~完璧である必要はない~

最新記事のチェックにフォローしよう