トレーニング

遠投が遠くまで投げられることがすごい投手の条件ではない

遠投が遠くまで投げられることがすごい投手の条件ではない

野球に限らず、スポーツ界では、数値上での目覚ましい記録を出すと一目置かれます。

例えば

・ジャンプ力がある
・遠投が平均よりも投げられる
・足が速い
・思いバーベルを持ち上げられる

などです。

数値へと「見える化」すること自体は、確かに一つの目安となるかもしれません。

しかし

忘れてはならないのが、あくまで目安

だということです。

冬の練習だと言って、体重や身長を測り、体力測定をしたりするチームは多いでしょう。

しかし、冬が明けて、それらの数値が伸びること自体に何の意味があるのでしょうか。

それで、野球が上達していますか?

チームが勝てるでしょうか?

すべてが意味がないとは言わないまでも、順序が逆になっていることは明らかです。

つまり

数値を伸ばすことが目的ではなく、野球に必要なことをしていたらいつのまにか伸びていた

というのが正しいあり方です。

野球選手のトレーニングを見ていると、陸上選手かボディービルダーを目指しているとしか思えないトレーニングが山ほどあります。

身体能力が高いため、期待されるものの全く結果が出ない選手がたくさんいます。

反対に、大した身体能力がないのに結果を出す選手もゴロゴロいます。

砲丸投げの世界ナンバーワンの選手が最高の投手にはならないのと同じことです。

>次のページ:野球選手としての能力を伸ばすことに集中せよ

トレーニングの関連記事

Contents Menu

本当の意味でのフォームチェックは感覚でしかできない
試合に出続けるのは頑張った選手ではない ~試合に出場する選手の条件~
世界最強とまで言われるドミニカ野球の秘密を知っていますか? ~ドミニカ選手を支える「竹バット」の秘密~
体幹トレーニングをしても野球をするとフラフラしてしまう理由
投手が手首をいくら筋トレしてもスピードが速くならない理由
野球選手に必要な体幹トレーニングとは

最新記事のチェックにフォローしよう