思考法

野球選手は練習をサボればうまくなる

野球選手は練習をサボればうまくなる

4番でエースのワンマンチーム。

しかし彼は決まって練習嫌い。

こんなことって野球を経験していると結構出会いませんか?

もう誤解を恐れずに言い切ってしまいますが、

「野球はサボる人ほど活躍し、真面目に取り組む人ほど活躍できない」スポーツ

です。

これは、すごい各方面から怒られそうですが(笑)、ひとまず落ち着いて最後までお読みいただければと思います。

野球の練習は、他のスポーツに比べダントツに練習時間が長いことが特徴的です。

さらにほぼ毎日練習をします。

こんな過酷な練習を真面目に続けていれば・・・体が持ちません。

もたないというのは身体的な耐久性における意味です。

さらに問題なのは、

全員が全員同じ体ではないのにも関わらず全員が同じ練習を強要される

ということです。

日本のスポーツはどうしても団体競技の意味合いが強くなってしまうため仕方がない一面なのかもしれません。

しかし、これでは体がまいってしまう選手が大量に出てきてしまいます。

そして、悲しい事実が

そういった選手は決まって真面目な選手

であることです。

反対に、「こんな練習を続けていたら体がまいってしまう」と考え、自分の体のことを理解し、上手にサボっている選手は故障をすることもなく、万全の体調をキープしています。

また、「真面目に一生懸命練習する選手」は、練習が全てになってしまい、いざというときに力を発揮できない傾向もあります。

「試合だけ結果を出せばいい」と、普段の練習は最低限こなしている選手というのは、裏を返せば自分に自信を持っているということに他ならず、いざという時に結果をきっちり出す傾向にあります。

無駄な練習が多すぎる野球

「あいつ練習しないのにうまいな〜センスが良いんだな」なんて言われている選手が身近にいませんか?

でも実はこれはセンスでもなんでもないんですよね。

練習していないように見える選手の特徴は、

やるべきところは人の何十倍も集中して練習し、その他はサボるといったメリハリが的確で、自分のことをしっかり把握している選手

です。

つまり、センスでも、サボっているわけでもないんですよね。

純粋に野球が上達するには何が大切かを考えているだけです。

野球はサボる人ほど活躍する意味はここにあります。

何も練習しても意味がないといっているわけではありません。

つまり、

メリハリの幅が大きい人ほど、短時間で最大限の努力によって最大限の成果を得ようとしている選手

と言い換えることもできます。

これが意図的か、本能的か、というのはその人によって異なります。

しかし、ほとんどが本能的なんだろうという印象があります。

そういう意味ではセンスがあるとも言えます。

努力の方向性について常に感覚を張り巡らしている選手というのはポイントをつかむのがとても早い傾向にあります。

結果的に無駄だったというのは仕方がないことだと思います。

しかし、無駄な練習をしてしまっている最大のデメリットは

身体の故障リスクを高めていること

です。

身体の調子まで下げます。

つまり下手になります。

本来は、自分にとって必要なことは何なのかを周りのサポートによって効率的に発見していくことが大切ですが、日本の野球界の実状を考えれば、なかなか馴染みのある方法とは言えないのかもしれません。

その結論が「練習をサボる」という方法になってしまうという悲しい話である一方、現実は現実として受け止めるしかありません。

一度、自分の練習を振り返ってみて考えてみることをおススメしています。

練習をしなくても上達するということを言っているわけではないことをご理解ください。

効率的な練習方法でおススメのトレーニング方法

では、野球選手にとって故障のリスクを下げた上で、効率的な身体の使い方を習得でいるおススメのトレーニング方法をご紹介したいと思います。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことに集中していれば、あなたの身体にあった効率的なスイングをいつも実現できることになります。

また「MONOBUN」は打者にだけ有効的なアイテムではなく、投手にとっても効果の高いトレーニングアイテムです。

なぜなら「MONOBUN」はその人の身体にあった効率的な身体の使い方を知るトレーニングアイテムだからです。

投手であれば、リリースの瞬間にどれだけ効率的にエネルギーを身体で伝えられるかがポイントで、それは打者で言う「インパクト」の瞬間に等しいものです。

打者も投手も、「MONOBUN」を使って効率的な身体の使い方を習得しましょう!

 

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

思考法の関連記事

Contents Menu

調子は維持することができない前提で考える
投手がエースになるために最も大切なこと
投手のボールが止まって見える方法
こまめな水分補給は熱中症対策にならない
投手にスナップは必要ない
本気で野球が上手くなりたいなら「監督」や「コーチ」がいう事は無視

最新記事のチェックにフォローしよう