投球術

大半の投手が思っている決め球は決め球とは呼べない

「決め球」とはなんなのか

投手の大半の選手に言いたいことがあります。

それは

あなたの言う「決め球」は「決め球」になっていません

ということです。

といきなりあなたのことを何も知らないのに失礼なことを言って申し訳ありません。

しかし、ここでお伝えしたいことは、あなたの投げているボールの「質」のハナシではなく、

「決め球」というものをどのように考えているか

ということについてです。

投手は投手である限り、自分の思う「決め球」を必ず持っています。

しかし、問題はその「決め球」が、本当に「決め球」になっているのかということです。

そして、大半の選手が「決め球」の定義を捉え間違っています。

決め球になっていない投手ほど、決め球を2ストライク追込んだ時に投球しようとします。

「え? 決め球なんだから最後に投げるんでしょ?」

と思った方は、典型的に間違ってしまっているパターンです。

結果を残し続ける投手であればあるほど、このような考え方をしません。

本当の意味での「決め球」を持っている、「決め球」として機能するボールを持っている「投手」は、投げるタイミングをカウントに左右されることはありません。

つまり、結果を残す投手にとって「決め球」というのは

大切なタイミングで自信をもって投げることができる球

のことです。

つまり、

打者が分かっていたとしても打てない球

と置き換えられるかもしれません。

絶対に点を取られてはいけない場面では、全球決め球でいく投手すらいるほどです。

>次のページ:「決め球」を具体的に言うと・・・

投球術の関連記事

Contents Menu

優秀な投手だけが知っている正しい決め球の考え方
投手が風向きを利用すると勝率が上がる?! ~あなたは風向きを考えるか~
勝つ投手とは
最も必要なのは「筋肉」でも「足腰」でもない ~スピードボールを投げるために必要なこと~
ピッチャーの基本はストレートなんていつまで言ってるの?
投手の正しい決め球の創り方

最新記事のチェックにフォローしよう