体幹

野球選手の大半は体幹の意味も知らずにトレーニングしている

体幹てどこのことか知っていますか?

最近の野球の練習を見ていると、「体幹トレーニング」をすることが一種のブームのようになっています。

しかし、その「体幹トレーニング」の内容を見ると、「腹筋」や「背筋」のトレーニングを行っています。

しかし、「体幹」ってそもそも何を指すものがご存じですか?

野球界の現状を見れば、適切に捉えてらっしゃる方はほとんどいないと推測できます。

なぜなら

「体幹」とは「腹筋」や「背筋」だけを指す言葉ではありません。

本当に「体幹」を鍛えたいならトレーニングとして不十分であるということです。(今はやりのサッカー選手のトレーニングなんかもです。)

「体幹」という言葉はもっと広く、厚みのある言葉です。

そして中身までもあります。

それなのに、「腹筋」、「背筋」というごく表面的な部分しか「トレーニング」していないので大した効果は示していません。

本当の「体幹」で言う所の、10%程度に満たない部分を「体幹トレーニング」と言って鍛えているのが現状です。

体幹とは、

鎖骨から肩甲棘を結ぶ線から下方、上肢下肢を除く部分

の事を指します。

つまり、腕の付け根から内側、足の付け根から上側、首から下の部分のことを「体幹」と言います。

どうですか?

思っていたより広いと思いませんか?

「体幹」トレーニングを本当にやりたかったら

それでは本来の意味での「体幹のトレーニング」とは何を指すのでしょうか。

体幹の一番上にあたるのは、「胸郭上口」です。

一番下にあたるのは、「骨盤下口」です。(細かい部分はネットでお調べください)

そして、その間には、「肋骨」があり、その中には「心臓」「肺」も存在します。

さらにその下には「横隔膜」があり、そして「肝臓」「胃」「腸」、後方には「腎臓」「膀胱」、女性であれば「子宮」も含まれます。

これらの外には「筋膜」があり、そして「骨格筋」「脂肪」「皮膚」というようになっています。

「体幹トレーニング」というのであれば、これらを全体的にトレーニングする必要があります。

それで初めて「体幹トレーニング」と言えます。

では、この「胸郭上口」から「骨盤下口」に至るまでを、しっかりと動かせるようにするにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

まさか「内臓」を意識的に動かすようなトレーニング方法なんて行っている人はほとんどいないでしょう。

しかし、これらを全体的にトレーニングする方法があります。

しかも、実はその方法は一つしかありません。

それは、

横隔膜の上下運動をすること

です。

この「横隔膜」の上下運動によって、

「胸郭上口」付近の「筋肉」、「骨盤下口」付近の「筋肉」が活発化

します。

それではこの横隔膜の上下運動というのはどうすれば行うことができるのでしょうか。

理科の授業で習いましたよね。

そうです。

簡単に言えば

「呼吸」

です。

この「呼吸」によって

骨格筋から体幹の深部、つまり内臓が入る部分まで鍛え上げることができる

ということです。

「横隔膜」から上部の圧力を高めることによって、「胸郭上口」への動きを促進し、「横隔膜」から下の圧力を高めることで「骨盤下口」周囲までの動きを促進させることができます。

これが本当の「体幹トレーニング」であり、本当の「体幹」を鍛えるための唯一の方法です。

「体幹」だけに関わらず、自分が鍛えている部分は何のことで、何のためにやっているのかを理解していなければほとんど意味がありません。

そして、それは人から伝えられることが真実だとも限りません。

しかし、常に答えはあなた自身にあります。

これは文字通りあなたの身体に聞けば分かることです。

ぜひこの機会に「体幹トレーニング」の概念を一新し、新しい訓練方法を模索していきましょう。

体幹の関連記事

Contents Menu

野球選手の大半は体幹の意味も知らずにトレーニングしている
野球選手には腹筋が必要ない?! ~野球界は「体幹」の捉え方がおかしい~
野球の体幹トレーニングが否定される日は近い
「腹筋」と「腹圧」の違いを分かっていますか? ~体幹の正体にせまる~
投手が上達したいなら体幹を鍛えてはいけません。
体幹トレーニングをしているのに身体がフラフラしていませんか?

最新記事のチェックにフォローしよう