走り込み

筋トレ・ランニングは今すぐさぼりましょう~野球選手に必要な下半身のハナシ~

野球選手なら筋トレ・ランニングは今すぐさぼりましょう

野球選手の多くは、「ランニング」や「筋トレ」によって、下半身を強化し大きくする傾向にあります。

冬場に至っては、「トレーニング」の大半が「走り込み」というチームがほとんどではないでしょうか。

そんな中で批判を覚悟ではっきり言ってしまいます。

現状の野球界がやっている「筋トレ」や「ランニング」は今すぐさぼりましょう

本音を言えば、「辞めましょう」と言いたい所ですが、チーム事情などを考えれば「やらない」という選択肢がない選手もいるでしょう。

そのため、できる限り「サボる」ことをおススメしています。

今のまま「筋トレ」や「ランニング」を続けても、技術が向上しないばかりか、ただ故障をするためにトレーニングしているようなものです。

こんな現状を創りあげている原因は、

野球選手の大半が「下半身の強さ」を捉え間違っている

からです。

野球選手に必要なのは、「バッティング」や「ピッチング」における「下半身の強さ」です。

その「強さ」とは、「スクワット」や「レッグプレス」、「レッグエクステンション」などの力、「ジャンプ力」、「脚力」、「走る速さ」のことを意味しているわけではありません。

>次のページ:筋トレで野球選手に必要な下半身が手に入るのか

走り込みの関連記事

Contents Menu

野球界は迷信がいっぱい!~野球選手はまずランニングからの嘘~
ピッチャーに走り込みが重要であるという根拠はないって知ってました?
サボる選手の方が上手くなる?! ~ランニングをサボることのススメ~
ダルビッシュ投手も走り込みを完全否定
「ランニングは基本だから」という本当のところ
走って野球が上達する選手よりも下手になる選手の方が多い

最新記事のチェックにフォローしよう