思考法

野球選手の親ができるのはだまって成長を見守ること

野球選手の親ができるのはだまって成長を見守ること

野球界では歴史が深いため親世代やその親世代までもが野球経験者という家庭が少なくありません。

そのためもあってか、

自分の子どもに対して押し付けるような指導が多い

ように感じます。

なかでも、「高校」や「大学」まで野球を続けたものの、半レギュラーで活躍しきれなかった選手が親になった時にその傾向が強いように感じます。

しかし、残念ながらこのケースで選手が上達することは、ほとんどないでしょう。

プロにまでなるような選手には、型にはまったような選手は、ほとんどいません。

本当の意味で野球を上達するために大切なことは、

一人の選手に合った身体の使い方を知ること

です。

人間の身体は、一見では同じに見えても、十人いれば十人が異なった身体をしています。

つまり、一人一人で適切にエネルギーが伝わる身体の使い方が違ってくることになります。

分かりやすい例で言えば、「バッティングフォーム」や「ピッチングフォーム」を教えた所で簡単に上手くならないということです。

さらに、この身体の使い方を知るためには幼少期がとても大切です。

そしてその時期に押し付ける指導をしてしまうと最悪の事態を招きかねません。

なぜなら、

経験は豊富な大人よりも、経験不足の子どもの方が「身体を動かす」という感性は優れているため

です。

一見変な「動作」に見える子どもの動きも、地面からエネルギーを取り込み、全体の力の伝達を見れば、合理的な力の伝達を実現し、その子どもにとっては効率的な形で動いています。

転ぶ時も理想的な転び方をします。

力を吸収しなければならないところは吸収し、分散しなければならないところは分散します。

特定の形を作るということをせずに力の赴くままに体を合わせることができるのです。

これは人は本能と呼ぶのかもしれませんが、冷静に考えれば普通のことです。

大人が子どもの可能性をつぶしていることが大半

生きていく内に、正しいのか正しくないのか良く分からないことを信じ、行動していっているのが大人です。

それにも関わらず、

「これが正しい」、「こうしなければいけない」と子どもに強く指導してしまうと、結果的に子どもの可能性に蓋をしていることの方が多い

と気づいた方がいいでしょう。

親心や期待があることは承知の上ですが、本当の親心を見せるのであれば、だまって見守り、環境だけを提供できるように努めましょう。

子どもは自ら上手くなろうとします。

しかし、何にでも順番があり、できること出来ないことがあります。

そして、

その理由を自分で考え出し、自分で理解し、自分で行動していく

必要があります。

基本的には子どもをのびのびと成長させ、苦しいときや辛い時には寄り添い励まし、その子どもの可能性を信じてあげましょう。

これからの野球界を考えても、今の野球少年達の未来を明るくしないことにはどうしようもありません。

そのためには、子ども達が子どもの内にしかできないことをやらなければいけません。

指導者、お父さん、お母さんが最もお子さんの身近にいる以上、最も影響を受けます。

だからこそ、お父さん、お母さんの接し方、指導方法は重要です。

それを検証も大してしていない方法で、過去の経験の押し付けをすることは辞めましょう。

「肩」やその他の「身体」のメンテナンスをしてくれる「お父さん」、素晴らしい野球選手だったのに子どもの意見を尊重してくれる「お父さん」、というのはお子さんにとってはとても偉大でかけがえのない「お父さん」です。

「親父の背中を見て育つ」とは、そんな「お父さん」のことを言うのではないでしょうか。

メジャーリーガーであるイチロー選手の親子や、レスリングの濱口選手の親子はまさしくそんな「親子関係」ではないでしょうか。

これからの野球界の未来を背負う子ども達が一人でも多く出てくることを願っています。

MONOBUNは自分で身体の使い方を知るのに最適

では、そんな人それぞれの身体の使い方を、選手自らが知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「身体の効率的な使い方」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクト(リリース)の瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、特に身体の使い方を考えずに、どうやれば「爆風音」を鳴らすことができるかに集中すればいいということになります。

「MONOBUN」は「スイング」する形式のトレーニングアイテムなので、「バッティング」だけを連想してしまいますが、身体の力の使い方を知るという意味では、あらゆる動作に応用することができます。

なんなら、野球だけでなく、総合格闘技やゴルフでも「MONOBUN」を使ってパフォーマンスを高めている人さえいます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

思考法の関連記事

Contents Menu

夏の大会期間中には「体調管理」と「回復」だけに専念しよう。
野球は子どもに教えすぎると下手になる
野球の練習はキツイことが正義なのか?
野球選手に身体測定は必要ない
野球はビジネス化して衰退していく
野球を本気で上手くなりたい人は、自分で考える「個」の力を高めよ!

最新記事のチェックにフォローしよう