野球肩・肩のケア

野球肩とは肩関節の障害のことです ~野球選手の故障の9割は障害

野球肩とは肩関節の障害のことです ~野球選手の故障の9割は障害

野球選手が最も恐れている怪我・故障は「野球肩」でしょう。

野球肩とは「肩関節」を故障することによって、思うようなボールを投げられなくなってしまうため野球選手にとって選手生命がかかるような故障です。

ところで怪我・故障といっても様々な種類のものが存在しています。

怪我は大きく分けて2種類あります。

その2種類とは

外傷(がいしょう)と障害(しょうがい)

です。

「外傷」とは、何か物理的な要因で、ひねる、ぶつける、刺さる、切れるといった怪我のことを言います。

それに対して「障害」とは、

異常な程の反復動作や使い方の間違った状態を継続していることによって発生する怪我のこと

を言います。

そのため「障害」は直接的な要因が判別しにくいことが特徴です。

ちなみに野球は「ノンコンタクトスポーツ」と言われ、ラグビーやバスケットボールなどのように選手同士がコンタクトする瞬間がないスポーツです。

つまり、野球での外傷はかなり限定的な場面でしか起こりえません。

つまり

野球選手に起こる怪我・故障の9割は障害

ということです。

障害ははっきりとした原因の特定が難しいため、治癒させる事も難しいという特徴をもっています。

そしてその中でも、野球選手に多い障害が野球肩です。

野球肩とは肩関節の障害のことを指していう総称のことです。

つまり、本気で野球肩を改善していくためには「障害」について学ぶ必要があります。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

【ピッチャーあるある】腕に力を込めれば込めるほど力が入らない矛盾
腕は単なる道具に過ぎない ~投手が速い球を投げるために必要なこと~
野球選手が装着するだけでパフォーマンスアップするテラヘルツバンド「FORCE ONE」がマジでオススメ
肩の仕組みを知ることは上達するための第一歩ですよ。 ~肩関節のインナーマッスルとは~
投手に本当に必要なウォーミングアップとは
大切な人には伝えて欲しい ~肩関節を痛める前に考えて欲しいこと~

最新記事のチェックにフォローしよう