球速アップ

投手の肩が柔軟だから球速が速くなるわけではありません。

投手の肩が柔軟だから球速が速くなるわけではありません。

剛速球を投げる投手に対して、「天才」、「生まれ持ったもの」、「センス」といった言葉をよく耳にします。

剛速球の定義にもよりますが、150km/hをコンスタントに超える速球を投げる投手に関しては才能の要素が強いものの140km/h程度であれば誰でも投げられるようになります。

140km/hくらいであれば全く野球をしたことがない、やり投げの選手やハンマー投げの選手ですら投げてしまうことがあるぐらいです。

それにも関わらず、甲子園クラスでも140km/hを速球派と認識してしまっているところを見れば、球速を速くするために行っていることのピントがずれてしまっていることが分かります。

投手の球速に関わる項目として様々な事が言われていますが、中でも肩関節の柔軟性が語られることがよくあります。

つまり、肩関節の可動域が広いから身体をムチのように使って投げられるという説です。

しかし、この説は何の検証もされていない伝説レベルの話です。

肩関節が柔軟で可動域があったとしても、その可動域のせいで力が分散してしまいスピードの遅い投手なんていくらでも存在しています。

むしろ身体が固い選手の方がスピードが速いことはざらに存在しています。

肩関節の柔軟性となると、確かに天性の才能が必要かもしれませんが、柔軟性が球速に関係ないのであれば、剛速球を投げること自体は才能でも何でもないことになります。

当然ながら、ボールの「キレ」や「回転」、「見易さ」、「打ちやすさ」など細かい話をし始めるときりがないのですが、単純にスピードガンで140km/hを計測すること自体はそんなに難しいことではありません。

速度の速いボールを投げられるかどうかは、

リリースの瞬間にどれだけ100%に近いエネルギーを伝えることができるか

です。

人間は一つの筋肉や関節で「動作」をしているわけではなく、様々な部位を連動させて「動作」を実現しています。

その連動の際にエネルギーをロスすることなく伝えるか、伝えられないかで最終目的(リリースの瞬間)のエネルギーは大きく変わってきます。

この人間の身体の「動作」に関してはこちらの記事で詳しく書いてあるのでご確認ください(『野球選手は「強さ」の定義を明確にしなければいけません。』)。

球速を上げるためには力の伝え方が大事なことを確認してみましょう

球速を上げるためには、筋肉や柔軟性ではなく「力の伝え方」がいかに大切か簡単に確認する方法があるのでやってみましょう。

結果的に球速もあがることになるのでお勧めです。

ここでは仮に130km/hしか投げられない投手を例に140km/h投げられるようにする方法で記すので、自分の現状と目標を照らし合わせて考えてみてください。

確認方法の最大のポイントは、

今までの半分の力の加減で130km/h投げられるようになること

です。

よっぽどのことがない限り実現することはできます。

疑うかもしれませんが実現できます。

当然ながら、はじめから投げられるわけはありません。

下半身の使い方なのか、上半身の使い方なのか、腕の角度なのか、ステップの方向なのか、原因は人それぞれなのでわかりません。

それでも半分の力で、今までのフォームを完全に崩し、試行錯誤してください。

するとある日、全く力を入れないのに、130km/hのボールが投げられる日がやってきます。

そうなれば140km/hを投げるのなんて簡単です。

力いっぱい投げてもスピードが出ない原因は、スピードが出ないフォームをしていたということにすぎません。

人間の身体の構造を考えれば、140km/hぐらいの投球は実現することが必ずできます。

遠回りな練習に感じるかもしれませんが、ぜひ取り組んでみることをお勧めします。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問合せはコチラより(問合せフォーム)。

球速アップの関連記事

Contents Menu

ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げたトレーニングに対する考え方
ピッチャーが球速をあげる最短の方法 ~ただ闇雲に投げ込みをするのはやめましょう~
投手が球速を上げるために必要なこと
投手が手首をいくら筋トレしてもスピードが速くならない理由
投手の肩が柔軟だから球速が速くなるわけではありません。
腕はいくら振っても球速はあがりません。

最新記事のチェックにフォローしよう