思考法

投手が全力で腕を振ろうとすればするほど振れなくなる

投手が全力で腕を振ろうとすればするほど振れなくなる

投手が調子が思わしくない時、必ず周りから言われることがあります。

それは、

「もっと腕を振れ!」

というアドバイスです。

しかし、それは本当に「腕を振る」ということができれば解決するのでしょうか。

というか、そもそも本当に腕が振れていないのでしょうか。

人間が緊張をすれば腕が縮こまり思ったように操作しにくくなるのは間違いありません。

しかし結論から言えば、

投手の不調は「腕を振る」意識だけでは根本的な解決はしない

という事実を知っておきましょう。

不調の要因は様々あっても、少なくとも「腕を振る」アドバイスが無意味な理由は簡単です。

それは、

腕を振らないでおこうと思っている投手なんていない

ということです。

投手は全力で腕を振って必死に戦っています。

そんな選手に、さらに意識させようとしても何の解決にすらならないことは明白ではないでしょうか。

むしろ言われれば言われるほど、意識しすぎて身体は緊張し、腕が振れなくなっていくでしょう。

>次のページ:試合中に投手が不調になった時の対処法

思考法の関連記事

Contents Menu

野球選手がする声出しなんて即刻廃止せよ
野球選手は苦しい練習ばかりするのは何故?
プロ野球選手にまでなる人の特徴は2パターン ~あなたはどちらのタイプか~
野球を上達するために必要なのは技術論や知識ではありません。
野球選手の「腰痛」の原因は「腰」にない?!
野球を指導するなら知っておいて欲しいこと

最新記事のチェックにフォローしよう