思考法

下手になりたい野球選手はいないと指導者は分かっていますか?

野球の指導者は何をしているのか

野球肩革命所』には、小~中学生からの野球技術に間する質問が殺到しています。

こちら側の技術的な指導は実際にその選手を見ないことには簡単ではないので、誤解を生まないためにも具体的な方法は伝えないようにしています。

ケガ等の質問に関しても同様です。

しかし、あまりにも殺到するので葛藤の毎日です。

そして同時に生まれてくる疑問があります。

それは

ここまで野球肩革命所に質問ばかりしていて、現場の監督やコーチは何をしているのか?

という疑問です。

質問者の方に、「監督やコーチはあなたの疑問に何と言っていますか?」という問いかけをすると答えはいつも決まっています。

それは

「何も言われません・・・。」

というものです。

私は正直悲しくなりました。

指導者側の気持ちも分かります。

大学のように200人以上も部員がいれば簡単にすべての人に目は行き届きません。

大学生にもなれば、自分でいろいろ考えられるし、考える必要もあるため「何も言われないこと」を問題視する必要はないかもしれません。

しかし、これから夢を叶えるために、右も左も分からずに、スポーツ少年団や、クラブに入ってきた小、中学生に「何も指導しない・・・」ではいけません。

野球肩革命所は

小中学生の頃の野球は、勝つことを求めることよりも、野球を長く続けたくなるようなことを教える場所

だと思います。

このままでは、野球が嫌いになるだけの場所をつくっているに過ぎません。

>次のページ:下手になりたい野球選手はいないと指導者は分かっていますか?

思考法の関連記事

Contents Menu

野球は子どもに教えすぎると下手になる
野球をやるとバカになる?! ~野球選手にある「バカの壁」~
野球を上達するために必要なのは技術論や知識ではありません。
野球選手の大半は社会に適応できない選手ばかり
親はもっと子どもを信じましょう
インソールの野球選手にとって正しい選び方

最新記事のチェックにフォローしよう