野球肩・肩のケア

肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ

肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ

私は、治療家として活動する傍ら「野球肩」で野球人生を終わらせてしまう人が一人でも減るように・・・と願って「野球肩革命所」で情報を発信しています。

野球肩は早期発見が何よりも大切なことです。

何なら野球肩になるまでのケアや対策が最も大切です。

しかし、そこには早期発見を妨げる大きな問題が存在しています。

それは、治療現場でよくある会話に集約されています。

肩関節の違和感で治療に来た投手によくある傾向です。

・「張ってますか?」→「よくわかりません」
・「痛いですか?」→「ハリのような気がします」
・「痛いですか?」→「よくわからないが・・痛い気もします」

これは「選手」と医療関係者とのやりとりなのですが、選手自身が自分の「肩」の状態を「ハリ」なのか「痛み」なのか判別することができません。

「痛み」だと思っていたものが「ハリ」だったらまだ救われるものの、その反対であった場合には治療が遅れてしまうことになります。

「野球肩」だけではないですが、故障は早期治療が鍵になります。

確実に「痛み」が出始めているのであれば、「野球肩」に詳しい専門家に見せる必要性があります。

「痛み」が本格的なモノになれば、専門家でも治すことができる人は限られてきます。

何よりもまず「ハリ」なのか「痛み」なのか判別できることは、投手にとっては死活問題です。

>次のページ:野球肩|肩関節の「ハリ」と「痛み」の見分け方

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩の本質~野球肩の痛みと原因・治療法について【5】
野球肩の対策という観点からみた三角筋の役割について
「肩」の疲労回復に「ストレッチ」が意味をなしていない?!
剛速球を投げられる投手がそんなに偉いのか ~二重振り子投法は消耗する~
野球肩を治療する前に野球肩と肩の柔軟性が関係ないことを知ろう
投手が投げる時に〇〇すると野球肩の予防になります。

最新記事のチェックにフォローしよう