トレーニング

大半の野球界の練習は故障するためにやっているようなもの

大半の野球界の練習は故障するためにやっているようなもの

現在の野球界は、ある意味思考が停止してしまっています。

昔に活躍した選手の真似や、名将と言われた監督の真似、優秀な選手の真似を繰り返しています。

ある選手が毎日1000スイングしたと聞けば、1000スイングをする選手が増え、特守を毎日したという話を聞けば、特殊地獄に陥る選手も出てくるというように・・・。

全てが間違っているわけではありませんが、この流れに一体何の意味があるのでしょうか。

確かに、これらの練習も、うまく”ハマる”選手もいるかもしれません。

しかし、大半の選手はうまくいかず、時間の無駄、労力の無駄になってしまう場合が大半です。

一人の優秀な選手は生み出せても、それぞれの個性を伸ばしてやることはできません。

というより、その一人の優秀な選手も本人が何らかの工夫をしただけで、環境が何かプラスに働いたわけではありません。

人間の身体は十人十色です。

有名な選手と言えど、たまたまある練習が”ハマった”だけです。

その「たまたま」を全ての選手に当てはめてしまうことが、どれだけ危険なことか想像するのは難しくないでしょう。

>次のページ:現在の野球界は皆が「安心」を求めすぎる

トレーニングの関連記事

Contents Menu

野球選手に必要な筋力トレーニングとは
ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げたトレーニングに対する考え方
筋トレは一時的な錯覚を起こすだけ
春に調子が上がらない投手の原因は、冬場の無意味なトレーニングの影響?!
野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【投手編】
野球選手はトレーニングでは上達しない

最新記事のチェックにフォローしよう