球速アップ

腕はいくら振っても球速はあがりません。

腕はいくら振っても球速はあがりません。

「投手」であれば誰もが、できるだけ速い「スピードボール」を投げたいと思っています。

途中で自分の適性を考え、「スピードボール」がなくても「打者」を手玉にとる技術を身に着ける人はいますが、速い球を投げられて損することはありません。

そんな「スピードボール」を投げるために、投手自身が思う事、周囲がアドバイスする事で、あるあるな危険な考え方があります。

それは、

腕を速く振ればスピードボールが投げられる

という考え方です。

結論から言えば、これは間違っています。

間違っているだけでなく、危険な要素も含んでいます。

この考え方の真偽は、野球選手であれば薄々気づいています。

>次のページ:球速は腕の振りよりリリースの瞬間のエネルギー

球速アップの関連記事

Contents Menu

ある投手がたった2年間で球速を25km/hもあげられた理由
投手が手首をいくら筋トレしてもスピードが速くならない理由
投手が球速を上げるために腕を加速させる最適な方法
ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げた筋トレより大切な考え方
投手が球速を本気で上げたいなら筋トレを辞めましょう。
ピッチャーが球速をあげる最短の方法 ~ただ闇雲に投げ込みをするのはやめましょう~

最新記事のチェックにフォローしよう