思考法

野球選手はがんばれば試合に出られるわけではない

野球選手はがんばれば試合に出られるわけではない

シーズンに入り、「公式戦」や、「オープン戦」、「練習試合」がたくさん行われるようになってきました。

野球選手である限り、試合に出場しなければ何も始まりません。

ところで、試合に出場できる選手とはどのような条件を持っているのでしょうか。

良く頑張る選手でしょうか?

当然ながら違います。

そんなことは皆が分かっているものの、「頑張ること」を念頭においてしまっている人が野球界には多いような気がします。

では、どのような選手が試合に出られるのでしょうか。

それは、

結果が出せる選手

です。

いくら練習で頑張っても試合で結果が残せない選手は大事な試合では必ず外されてしまうでしょう。

そして結果が出なければ、最後には試合に出ることもできなくなります。

厳しい話かもしれませんが、勝負の世界はシビアなものです。

また、何をいまさら・・・と思われたかもしれませんが、分かっているはずなのにシーズンオフ中は違うことを考えていませんか?

>次のページ:シーズンオフに活躍しても意味がない

思考法の関連記事

Contents Menu

野球の練習はキツイことが正義なのか?
勝てる投手になるために今すぐ行って欲しいこと
早く気づかないと手遅れになる ~野球とは不平等なスポーツ~
投手が全力で腕を振ろうとすればするほど振れなくなる
野球界にいつまでも存在する低レベルな5つの指導法
野球選手の大半は社会に適応できない選手ばかり

最新記事のチェックにフォローしよう