野球肩・肩のケア

野球肩の治療をする前にノースローをする意味を知りましょう。

野球肩の治療をする前にノースローをする意味を知りましょう。

投手であれば、1週間に1回は必ず行うものがあります。

それは

ノースローの日をつくること

です。

最近では、高校野球の強豪校と言われるような高校であっても、定期的な練習の休息日をとるようになってきました。

パフォーマンス向上面でも、体づくりを考えても、「休養」が必要不可欠であることは、ここ近年でやっと定着してきました。

これはとてもいい傾向にあると思います。

投手のように、負担が大きい特殊なポジションに関しては、定休日にプラスしてノースローをしていくというような方法で回復を促進させる必要があります。

しかし、とにかく休めば野球肩を防ぐことができるのかと言われると、当然ながらそんなはずはありません。

その原因は、

ノースローはなぜやるのか具体的に考えたことがない人ばかりだから

です。

ノースローの日を創ることで、野球選手の肩にどのような影響がでているのか具体的に理解していなければ、休息をとっている効果が半減します。

>次のページ:野球肩を防ぐ目的でやっているノースローの本来の目的

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩が治らないなら小波津整骨院へ行け! ~松井元選手も認めた奇跡の手~
「肩関節」は「不安定」だからこそ「凄い」 この意味が理解できればあなたは上手くなる
野球肩の治療をする前にノースローをする意味を知りましょう。
【野球肩の対策】野球選手がうまくなりたきゃ軟骨の凄さを知れ!
肩は消耗品ではない理由
アイシングをしても野球肩の対策にはならない

最新記事のチェックにフォローしよう