野球肩・肩のケア

野球肩を治療するならアイシングを辞めましょう。

野球肩を治療するならアイシングを辞めましょう。

さて、野球界では続々とシーズインが始まり、各地で本番さながらの練習や実際の試合に望んでいっていることと思います。

この時期には技術的な練習と練習試合や公式戦が重なってくるため、投手も野手も疲労がかなり蓄積されている時期です。

特に投手は、投球数が増えてくるため肩や肘にハリがでてきている人も増えているでしょう(『肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ』)。

ひどい人は「痛み」となって野球肩や野球肘まで発展してしまっている人もいるでしょう。

しかし、この時期にレギュラーの座から離れるわけにはいかないため、様々な方法を駆使して無理やりプレーを続けている人がいるでしょう。

そんな野球肩や野球肘の対策・治療として最も定番なのがアイシングではないでしょうか。

一日の投球が終われば、大半の投手が必ずといっていいほどアイシングをしています。

そんな方には衝撃の事実をお伝えします。

それは、

野球肩の治療・対策にアイシングは意味がない

ということです。

むしろ、弊害になっている側面の方が強いでしょう。

なぜ意味がないのかは、身体の気持ちになって考えれば分かります。

>次のページ:アイシングが野球肩の治療・対策に無意味な理由

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩の中の痛みを自分でできるチェック方法と治療方法
野球肩を本気で防ぎたいなら上半身を見ていては意味がない
【野球肩の対策】肩関節が柔らかいから大丈夫・・・は嘘?!
野球肩のチェック方法-あなたの肩は大丈夫?
故障した野球選手が潰れていく原因を創る4人の悪魔
野球肩の痛みは「痛み」の部分だけ見ていても一生治らない

最新記事のチェックにフォローしよう