野球肩・肩のケア

野球肩を治療する前に投手の肩は休むだけでは完全回復しないことを知ろう。

野球肩を治療する前に投手の肩は休むだけでは完全回復しないことを知ろう。

投手は、投球練習や試合での投球を通して、肩を含む様々な部分が疲労していきます。

野球のどのポジションよりも、精神的にも肉体的にも疲労度合いの多いポジションです。

では、投手が疲労を蓄積してしまった時に行う行為はなんでしょうか。

それは「肩を休める」という行為です。

しかし、ここで考えてみて頂きたいことがあります。

それは、

単純な休養(ノースロー)で肩の疲労が完全回復するのか

ということです。

結論から言ってしまえば、

単純に放っておくだけでは投手の方は完全回復しない

ということを知っておきましょう。

それだけ野球選手は日常生活では考えられないほど肩関節を酷使しています。

そのため本気で野球肩を防いでいきたいとお考えならば、ただ休んだり寝たりしているだけでは不十分だと理解してください。

>次のページ:投手が投球する時に肩関節は異常な働きをしている

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩の治療をする前にノースローをする意味を知りましょう。
肩の故障は一度やると、一生付き合っていくことになります
野球肩の痛みの部分で危険度を判断しても意味がない
機能性アンダーシャツ「THERMO DIRECT」でもっと野球が上手くなる
肩関節の構造について考えたことはありますか?
【野球肩の対策】野球選手が上手くなりたきゃ「内旋」・「外旋」を理解しろ!

最新記事のチェックにフォローしよう