野球肩・肩のケア

野球肩を治療する前に肩関節のチェック方法を知ろう~part2

野球肩を治療する前に肩関節のチェック方法を知ろう~part2

野球肩は野球選手の選手生命を断つには十分すぎる重大な故障です。

しかし同時に、野球選手として成長していくことを考えれば野球肩になる可能性があるから成長できるとお伝えしてきました(『投手の全ては野球肩予備軍だから上手くなる』)。

そのため野球選手として、投手として肩関節の健康状態を保つためには、日々のチェックを欠かすことなく「痛み」にまで発展しないようにすることが大切です(『野球肩とミドルペインショルダー』)。

しかし、野球肩の状況を適切に伝えられるサポーター(監督・コーチ・トレーナー・親)が野球界には存在しないため、自分の肩関節が「コリ」なのか「ハリ」なのか区別さえつかない人が大半です(『肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ』)。

そこで本日の記事では、肩関節自体というよりも、肩関節に不具合が起こる一歩手前を防ぐためのチェック方法をお伝えします。

なぜ肩関節を見ないのか・・・と思われた方は、野球肩について過去の記事を読んで理解をまず深めてください(『野球肩を治療する前に野球肩の原因が肩にはないことを知ろう。』)。

>次のページ:野球肩を防ぎたければ肩甲骨をチェックせよ!

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

遠投がすごいことが投手の条件ではないと理解しよう
故障をしていない今だからこそ読んで欲しい ~「野球肩」の治療の現実はもはや医療事故~
野球肩の治療をする前にアイシングに効果があるのか検証しよう
チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリット
投手に本当に必要なウォーミングアップとは
野球肩を治療する前に肩のストレッチのデメリットを知ろう。

最新記事のチェックにフォローしよう