野球肩・肩のケア

野球肩を治療する前にピッチャーのブルペン練習を辞めよう

野球肩を治療する前にピッチャーのブルペン練習を辞めよう

野球肩に現在悩まされている選手、復帰したものの再発するのではないかと怯えている選手、野球肩にならないようにあらゆる手を尽くしている選手がいます。

そのための対策として、昔から様々な方法が紹介されているものの、野球界から野球肩は一向に減っていないと感じるのは私だけではないでしょう。

その理由については、様々紹介してきましたが、最大の要因は無意味な練習を繰り替えし行っている傾向が強いことがあります。

無意味な練習とは、野球の試合で結果を残すことに繋がらない練習のことです。

野球選手が野球選手として試合の結果に結びつかない練習は、身体を疲労させるためにやっているといっても過言ではありません。

中でも本日は、ピッチャーのブルペンでの練習が無意味であることをご紹介したいと思います。

>次のページ:超高校級の野球選手なんてすぐに現れる

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

故障をしていない今だからこそ読んで欲しい ~「野球肩」の治療の現実はもはや医療事故~
アイシングをしても野球肩の対策にはならない
野球肩と野球肘の治療を別モノと考えるから治らない
アイシングって「肩」のどこを冷やせばいいの? ~アイシングは実は意味がないという事実~
野球肩への対策はパフォーマンスを高める!~「肩関節」のケアには「下半身」を緩めること~
チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリット

最新記事のチェックにフォローしよう