野球肩・肩のケア

野球肩は3分類できることを知ろう

野球肩を治療する前に野球肩は3分類できることを知ろう

野球をっている人であれば、一度や二度くらいは肩の違和感や、張り、痛みを経験した選手も少なくないでしょう。

また、現在まさに「野球肩」の痛みに悩まされている人もたくさんいらっしゃることと思います。

ちなみに、その痛みとはどこら辺に痛みを感じるでしょうか。

それはおそらく

肩の前方からやや横にかけて

ではないでしょうか。

そしてボールを投げた時には「ズキン!」と関節の中の方になんとも言えない鋭い痛みが走り、投げる気力を奪ってきますよね。

私も現役時代に肩の痛みに悩まされました。

19歳で痛めた「肩」は現役引退の27歳まで痛み続け、現在も違和感を残し続けています。

そんな「肩の前方からやや横にかけてのエリア」が痛んだ場合には、「インピンジメントシンドローム」の可能性が99%でしょう。

腕を「挙上」したり、「回旋」したりで摩擦が起き、限界が来た時に発症します。

>次のページ:野球肩になるまでに防ぐ方法はいくらでもある

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩の横の痛みを自分でできるチェック方法と治療方法
投手が投げ続けていれば野球肩になるのは当たり前
野球肩を治療する前に投手の肩は休むだけでは完全回復しないことを知ろう。
「肩をつくる」の意味を知ろう
野球肩・野球肘を防ぐためにも「肩関節」を勉強しましょう。 ~投球時の「肩関節」のイメージ~
野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がないpart2

最新記事のチェックにフォローしよう