野球肩・肩のケア

ピッチャーは身体を回復するだけで上手くなることを知れ

野球肩を治療する前に身体を回復するだけで上手くなることを知れ

野球選手は次々と大切な公式戦が始まってきています。

それと共に、ピッチャーはどれだけ炎天下の中であっても必死に投球を続けます。

そのため大会期間中は、野球選手にとって最もあらゆる意味で「ストレス」がかかる時期です。

「公式戦だ」、「本番の大会だ」、「最後の大会だ」、「とにかく暑い」、「夏が来た」といった様々なストレスを受ける時期です。

人間は忘れてしまいがちですが、前向きな感情でさえ人間の身体にとってはストレスで、いつも以上に疲労が蓄積されます。

となるとこの時期は、「回復」をいつも以上のスピードで促進させなければいけません。

しかし「回復」は放っておいてどうにかなるものではありません。

野球選手のように人間生活では考えられないほどの疲労が蓄積していれば睡眠だけでは回復は間に合いません。

そのため、何らかの調整方法で「回復力」を促進しておくようにしておきましょう(『「調整する」の意味を本当に知っていますか?』)。

基本的に野球選手の大半は「オーバーユース」の状態です。

疲労回復を促進する、疲労だけが目的になってる練習を辞めるだけで上達する選手が大量に存在しているんが野球界だと理解しましょう(『本気で野球が上達したいなら練習をサボるススメ』)。

せめてこの大会期間中ぐらい「練習」よりも「回復」を優先しましょう。

>次のページ:ピッチャーが野球肩を防ぎたければアイシングを辞めよう

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

投手なら肩関節の内旋動作をチェックせよ。
チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリット
野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?
その場しのぎにしかなりません ~湿布は貼っても怪我が治らないという事実~
野球肩とは肩関節の障害のことです ~野球選手の故障の9割は障害
野球肩の痛みは99%の医者には分かっていないという事実

最新記事のチェックにフォローしよう