投球術

前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない

前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない

野球の投手にとって最も重要な要素の一つとして言われていることに

リリースポイントをできるだけ前に置くように意識すること

があります。

しかし、野球選手の多くはこの意識がむしろ逆効果になっていることに気づいていません。

物理的な観点で言えば、この考え方に否定する余地はありません。

リリースポイントが後ろにあればあるほど、捕手への投球は高めに浮き、リリースポントが前であればあるほど、低目に投球することができます。

ただしこれらは、

あくまで結果にしか過ぎない

ということを忘れてはいけません。

上手く指にボールがかかり、低めへと投球が集まり、いい結果を得られた投手が、様々な過程の中で結果的にリリースポイントが前の方になっただけだということです。

そんな投手に限って、実際の所はリリースポイントに意識がはないことが大半です。

後から振り返った際にリリースポイントが前の方になっていた感覚が得られているだけです。

調子のよかった投手が、突然に前で投げることを意識し始めて調子を崩してしまうというのは良くある話です。

投手は前で投げるイメージを強くもてばもつほどボールが走らなくなっていきます。

>次のページ:人間は集中すると緊張し、緊張すると力が出ない

投球術の関連記事

Contents Menu

日本を代表する投手 前田健太(LAドジャース)を徹底分析
あなたは「勝つ」投手になるための練習をしていますか?
優秀な投手だけが知っている打者の弱点の見つけ方
投手にとって必要な本物のコントロールを身につける方法
投手の正しい決め球の創り方
投手は打者の心理を知ることで上手くなる。

最新記事のチェックにフォローしよう