投球術

勝てる投手になるにはコントロールの本当の意味を知ること

勝てる投手になるにはコントロールの本当の意味を知ること

コントロールが良い投手とそうでない投手であればコントロールが良い投手の方がいいことは当たり前のハナシです。

しかし、コントロールが良ければ試合に勝つことができるでしょうか。

また同時に、急激な変化のする変化球が投げられれば試合に勝つことができるでしょうか。

さらに、剛速球を投げることができれば試合に勝つでしょうか。

これらに対する答えは、

勝てる投手になる要素の一部であって全てではないこと

です。

そして勝てる投手は決まって、コントロールさえあれば勝てるわけではないことを理解しています。

さらに、ストライクを捕れることがコントロールの良い投手の条件でないことを理解しています。

では、勝てる投手になるために必要なコントロールの本質とは何なのでしょうか。

それは、

打者が狙っていないボールを狙っていないコースへと投げられること

です。

勝てる投手は、自分が気持ちよくなることではなく常に「結果」を優先しています。

どれだけ思った通りに投げられたとしても、打者に打たれては意味がないことを理解しています。

文字にして記せば、誰もが当たり前と思っていることかもしれませんが、実際の練習現場を見ていれば理解できていないことがはっきりします。

>次のページ:投手に求められることを達成するために練習していることを忘れてはいけません。

投球術の関連記事

Contents Menu

前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない
速い球を投げるためには速い球を投げる練習をするしかない
投手が「低め」に投げるために「前で離す」と「低め」にいかない
勝ち続ける投手になる条件は球速やコントロールが勝つ条件でないと理解すること
ピッチャーのボールが指にかかった感覚の正体
前で離せば低いボールが投げられるなんて大嘘

最新記事のチェックにフォローしよう