下半身

野球選手が足腰を鍛える意味

野球選手が足腰を鍛える意味

野球をしていると指導者や先輩から口酸っぱく言われることがあります。

それは

野球選手なら足腰を鍛えろ

という言葉です。

もしあなたが投手なら、事あるごとに言われ、暇さえあれば走らされているのではないでしょうか。

しかし、多くの野球人は勘違いを続けています。

その勘違いとは

野球選手にとって必要な足腰の強さとは筋力量によって創るものではないということ

です。

野球選手が足腰(つまりは下半身)を鍛える時に考え付くことはなんでしょうか。

・きつい練習
・努力感がある練習
・憂鬱な練習
・時間ばかりかかる練習

といったものではないでしょうか。

最もすぐに思いつくのは長時間の走り込みやスクワット系の筋トレでしょう。

しかし、これらの練習やトレーニングは大半の選手にとっては無意味です。

そのため、時間や体力の無駄使いで、自分たちで検証することもないため、神話的に無意味であることにも気づかずに月日が流れています。

強制する指導者の多くも、現役時代には長時間の走り込みやただ辛い練習に疑問を抱いていたはずなのに、彼らが指導者の立場にたつと同じことを繰り返してしまっています。

>次のページ:野球選手に必要な足腰の強さとは

下半身の関連記事

Contents Menu

下半身は筋トレやランニングで安定なんてしない
ストレッチの上手いサボり方 ~下半身が大切な本当の理由~
野球選手が足腰を鍛える意味
走ることだけが野球選手の下半身を鍛えるわけではない
野球肩を治療する前に下半身が大切な本当の理由を知ろう。
いくら走りこんでも下半身は強くなりませんよ。 ~野球選手に必要な下半身とは~

最新記事のチェックにフォローしよう