投球術

究極のシャドーピッチングのやり方

究極のシャドーピッチングのやり方

投手であれば一度は「シャドーピッチング」をやったことがあるでしょう。

私の現役時代のように、毎日「シャドーピッチング」をやっている人もいるでしょう。

しかし、実は正しい「シャドーピッチング」の方法を知っている人は野球界にほとんどいません。

まずは「シャドーピッチング」の目的について考えてみましょう。

恐らく大半の人は、

体への負担を減らしながら自分のフォームを確認し正しいフォームへと近づけるために行う

ことを目的としているのではないでしょうか。

しかし、ここには2つの問題があります。

それは、

・正しいフォームとは何なのか判断できないこと
・見た目で見えることと体が認識することが違うこと

です。

正しいフォームは、目指すところによって異なる上、人間の身体なのでアプローチの方法は千差万別です。

それにも関わらず「正しいフォーム」をどうやって定義すればいいのでしょうか。

また、鏡や動画、画像などを通して自分の姿を見ても、体の認識と実際の動きには常に違いがあります。

見た目でカタチを実現したとしても、感覚としてはしっくりこないことなんてザラに存在しています。

そのため、野球界で広く行われているシャドーピッチングには大した効果もないので、気分転換ぐらいにしかなっていません。

では、どのようにシャドーピッチングをやればいいのでしょうか。

それは

限りなくゆっくりシャドーピッチングを行うこと

です。

>次のページ:投手に必要なことは正しいフォームではありません。

投球術の関連記事

Contents Menu

【クロスファイヤーの謎】インコースが長打の危険が高いのはなぜ?
投手が風向きを利用すると勝率が上がる?! ~あなたは風向きを考えるか~
大半の投手が思っている決め球は決め球とは呼べない
ピッチャーのボールが指にかかった感覚の正体
投手はボールを前で投げると低めにいかない
投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる

最新記事のチェックにフォローしよう