トレーニング

インナーマッスルは鍛えるタイプの筋肉ではない

インナーマッスルは鍛えるタイプの筋肉ではない

野球選手やテニスのように、肩関節をつかって「投げる」「振る」といった競技のスポーツでは「インナーマッスル」の重要性が語られることがしばしばあります。

また昨今では「体幹」にまつわるトレーニングが流行っており「インナーマッスル」という言葉をよく聞くようになりました。

ただ、野球界におけるインナーマッスルの捉え方は間違ってしまっています。

インナーマッスルが野球選手に大切であることに間違いはありませんが、それと同じだけアウターマッスルも大切です。

そして

インナーマッスルにはインナーマッスルの、アウターマッスルにはアウターマッスルの体としての役割がある

ということを忘れてはいけません。

アウターマッスルの理屈をインナーマッスルに当てはめてはいけませんし、また逆も然りです。

つまり、

インナーマッスルは鍛えて強くするタイプの筋肉ではない

ということです。

それにも関わらず、野球界ではインナーマッスルに高負荷をかけて太く強い筋肉にしようとしています。

>次のページ:インナーマッスルの身体の役割

トレーニングの関連記事

Contents Menu

足の指の付け根に力を入れても意味はない。
足の指の付け根に力をいれても意味がない。
投手がコントロールを良くするための3つの要素
体幹トレーニングをしても野球をするとフラフラしてしまう理由
試合に出続けるのは頑張った選手ではない ~試合に出場する選手の条件~
足が速い人は地面なんか蹴ってない ~走る時の身体の使い方~

最新記事のチェックにフォローしよう