走り込み

野球選手にとって必要な走り込み方

走り込むと足腰は強くなるのか

野球選手って昔からよく走りまね。朝から走り込み、夜は暗くなるまで走り込み。冬場なんてほとんど一日中走っているなんてことザラにあることですよね。

練習時間の7割から8割ぐらいは走り込みに時間を費やしています。

そんなときに考えて欲しいことがあります。

それは、

何を意識して走り込みをしているのか

ということです。

全力で走っているケースって少ないですよね。

中には5割くらいのスピード で走っている人もいると思います。

さらにもう一つ聞きたいことがあります。

それは

走り込みは本当に野球選手のためになっているのか

ということです。

ここでいうためになっているは、野球選手としてという意味であることに気を付けてください。

走り込みやランニングには様々な身体的な効果はあります。

気分転換としてのリフレッシュ効果や運動していない人の健康目的など・・・

ちなみに「足腰の強化」も得られますが、その強化って本当に野球選手にとって必要なことなんでしょうか。

結論を言ってしまえば、

野球選手には走り込みは必要ありません。

野球選手にとって走り込みで得られるリフレッシュ効果は必要なければ、単純に下半身の筋肉を肥大化する必要もありません。

ましてや陸上選手のようなタイムを競う必要もありません。

と、こんなことを言い切っている私も現役時代は何も考えずに走り込みをしていました。

そして疑うこともなく、言われるがままに走っていました・・・。

現役を引退した今、いろいろな過去の出来事を振り返ってみると、様々な疑問点や、聞いておけばよかったなと思うアドバイスが思い起こされます。

次のページ:プロ野球選手もとにかく良く走る

走り込みの関連記事

Contents Menu

野球選手に走り込みはいらない理由まとめ ~あなたは何のために走るのか~
ピッチャーの走り込みを意味あるものにするために必要なこと
走り込みで野球が上達した人は運が良かっただけ
走るための持久力と投手のスタミナは全くの別物。
ピッチャーは今すぐ走り込みをやめましょう。
投手の命は走り込み・・・なんて本気で思ってるの?

最新記事のチェックにフォローしよう