野球肩・肩のケア

何か変えなければ野球肩が再発するのは当たり前のハナシ

野球肩は肩関節の可動域だけでは測れない

肩の関節の痛みに関しての問い合わせが増えてきましたので、肩の関節の痛みに関して具体的に今日は書いていきます。

野球肩になって、整形外科などで治療を行っている場合、投球が可能かどうかを判断するのに、肩関節の可動域を調べます。

しかし、肩の関節の可動域が投球動作に対応するだけの状態になっているため、投球開始するということはナンセンスです。

理由を言わなくても、実際「野球肩」を発生した人であれば、既にわかっていると思います。

つまり、ほとんど再発してしまうということです。

問題は、痛みが出ている部分を取り除くことで解決するわけではありません。

投球動作とは様々な関節の複合運動です。

そのため、単純に肩の関節の可動範囲だけがよければいいというものではありません。

肩の関節だけの問題であれば、肩関節のポジショニングをしっかりキープしながら動かせば痛みはかなり軽減します。

しかし、肩甲帯の伸展が同時に伴っていたら、しっかりとした可動域がキープされていたとしても痛みがでることがほとんどです。

そして、この肩甲帯の伸展によって痛みが発生していた場合、いくら肩関節の可動域が獲得できてたとしても、30mほどのキャッチボールでさえかなりの痛みを伴うでしょう。

>次のページ:可動域だけで測ると野球肩が再発してしまう原因

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

【保護者必見】成長期の肩や肘の痛みとの付き合い方
野球肩を未然に防ぐための簡単なチェック方法
野球肩を他の故障と同様に考えていると危険
野球肩の治療・対策はアイシングから「飲む」時代へ変わる
ノースローをやる意味を知ろう
野球肩対策のために肩関節について学ぼうvol.2

最新記事のチェックにフォローしよう