技術向上

投手にとって正解の投球フォームなんて存在しない

投手にとって正解の投球フォームなんて存在しない

野球を始めとしてスポーツ界において定説的に言われていることがあります。

それは、

優秀な選手の真似をして盗め

というものです。

しかし、ここには誤解があります。

それは、

姿勢や考え方を真似するのは良くても「フォーム」を真似したところで意味がない

ということです。

野球において大切なことは、

「ピッチング」であれ「バッティング」であれ、「ボール」に対してどれだけ大きなエネルギーを伝えることができるか

です。

そのために、どのような動き方をすれば効率的にエネルギーを伝えることができるかを「動作の形(つまりフォーム)」で表現する必要があります。

そこで考えなければいけないことは、

人それぞれ身体の形が異なること

です。

一見では同じように見える「人間」であっても、「骨」や「関節」、「筋肉」、「神経」、「細胞」のレベルまで見ていけば、まったくの別人です。

そんな人が「いかに力を伝達するか」といったことを考えていくと、その「伝え方」は人それぞれになります。

つまり、

万人に共通する正解の投球フォームなんて存在しない

ということになります。

一つのアイディアとして取り入れるならまだしも、それが正解だと信じて練習し続けるにはリスクが高すぎます。

では、練習することがないのか・・・というとそんなことはありません。

ちゃんと「正解の投球フォーム」というのは存在しています。

それは

その人の身体にあった投球フォーム

です。

「その人の身体にあった」という所がポイントです。

自分の身体にあった「投球フォーム」で最も効率よく「ボール」に対して「エネルギー」を伝えることができるようにすることが「正解の投球フォーム」を目指すということです。

>次のページ:投手の自分の身体にあった「投球フォーム」の見つけ方

技術向上の関連記事

Contents Menu

ストレートがシュートしたり、スライダーしてしまう時の対処法
野球を今すぐ上手くなりたきゃ体を休めて脳みそに汗をかけ! ~野球肩革命所が伝えたいこと~
【第1話】心理を読む ~打者をてだまにとる投球術~
その筋トレって何のためにやってるの?【投手編】
野球のピッチャーに手首のスナップは必要ない
~野球選手にとって必要な体の知識~ 「右投げ」と「左投げ」は左右対称ではないって知っていましたか?

最新記事のチェックにフォローしよう