野球のピッチャーに手首のスナップは必要ない

野球のピッチャーに手首のスナップは必要ない

野球には「投げる」という動作が事あるごとに付きまといます。

というより「投げる」という動作がなくては野球になりません。

そのため「投げる」という動作を高いパフォーマンスで行うために、様々なトレーニング方法やテクニックが紹介されています。

例えば、遠投で遠くまで投げられる方法や投手が球速をアップさせるための方法などです。

そんな時には、最もポイントになることの一つに「スナップ」が取り上げられることがよくあります。

ボールをリリースする瞬間に「スナップ」を力強くきかせることでボールに勢いを与えられると考えられています。

でも実は・・・

野球選手にはスナップなんて必要ありません。

なぜなら、

スナップを使って投げるなんて人間の身体の構造上から言ってありえないから

です。

>次のページ:ピッチャーが本当にスナップを使って投げるとボールが投げられない

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

タメってなんなの? ~野球選手の言う”タメ”の正体を徹底解説~

2016年1月17日

野球選手が雨の日に「すっぽ抜ける」は嘘だった。 ~「すっぽ抜け」に雨は関係ない~

2016年4月16日

冬場のただの走り込みを辞めましょう。 ~”下半身をでかくしろ!”は大嘘~

2015年12月23日

投手にとって正解の投球フォームなんて存在しない

2016年8月5日

キャッチャーミットを見れば見るほどコントロールが悪くなるという事実

2016年2月1日

左右対称に鍛える意味はない ~右投手と左投手の身体の使い方は非対称~

2016年1月15日