技術向上

野球のピッチャーに手首のスナップは必要ない

野球のピッチャーに手首のスナップは必要ない

野球には「投げる」という動作が事あるごとに付きまといます。

というより「投げる」という動作がなくては野球になりません。

そのため「投げる」という動作を高いパフォーマンスで行うために、様々なトレーニング方法やテクニックが紹介されています。

例えば、遠投で遠くまで投げられる方法や投手が球速をアップさせるための方法などです。

そんな時には、最もポイントになることの一つに「スナップ」が取り上げられることがよくあります。

ボールをリリースする瞬間に「スナップ」を力強くきかせることでボールに勢いを与えられると考えられています。

でも実は・・・

野球選手にはスナップなんて必要ありません。

なぜなら、

スナップを使って投げるなんて人間の身体の構造上から言ってありえないから

です。

>次のページ:ピッチャーが本当にスナップを使って投げるとボールが投げられない

技術向上の関連記事

Contents Menu

なんだか最近ピッチングの調子が良くないな・・・という投手の方へ
その筋トレって何のためにやってるの?【投手編】
チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリットをご存じですか?
「指の付け根に力をいれる」と力が入らない?! ~母指球の正体にせまる~
「体幹」を知らずして「体幹トレーニング」をするのは無意味です。 ~「体幹」のイメージのやり方~
タメのある投手はイイのか、ワルイのか解説してみました。

最新記事のチェックにフォローしよう