思考法

野球の指導者たちが選手に分かって欲しいこと

野球の指導者の気持ちを理解することが試合に出る一番の近道

野球選手であれば、誰もが試合に出るために毎日の練習に取り組んでいます。

しかし、多くの選手は試合に出場できる根本的な要素を忘れて練習しています。

多くの選手は、実力があれば試合に出場できると考えていますが、これは間違いです。

当然ながら、圧倒的な実力を誇れば試合には出場できるので、完璧に間違っているとは言えませんが、誰もが上達したいと思ってその通りに結果がでるわけではありません。

そして忘れてはいけないことが

野球選手として上達するためには試合に出場することが最大の練習になる

ということです。

つまり、

練習で上達しようがしまいが極論は試合に出場できれば勝手に上手くなっていく

ということです。

そのため、野球選手が初めに考えなければいけないことは、上達することよりも試合に出場できる方法を考えることです。

では、どうすれば試合に出場することができるのでしょうか。

それは、

指導者の気持ちを理解すること

です。

これが最大の試合出場までの近道です。

指導者は、同時にたくさんの選手を抱えていることが多いため、一人一人に細かく思いを伝えることは簡単ではありません。

次のページ:チームプレーの本質を理解すること

思考法の関連記事

Contents Menu

野球界は思考停止している人ばかり
野球は子どもに教えすぎると下手になる
監督にそんなに気をつかう必要はありません
野球を上達するために必要なのは技術論や知識ではありません。
ピッチャーはブルペンで練習をしても上手くならない
あなたはこれからの野球界の変化についていけるか ~野球界の縦社会が崩壊する日~

最新記事のチェックにフォローしよう