投球術

投手は打者の心理を知ることで上手くなる。

投手は打者の心理を知ることで上手くなる。

以前の記事で、投手が自信のあるボールが「決め球」ではなく、打者が打ちにくいと思っているボールが「決め球」だというハナシをしました(『「決め球」は投手自身が決めるのではなく打者が決めること』)。

かなり当たり前のことを言っていますが、投手という性質上、周りが見えなくなってしまっていることは一般的です。

本日は「決め球」から一歩踏み込んだ「打者心理」の話をしていきたいと思います。

投手の最低限守らなければいけない仕事は、相手チームを0点に抑えること、自チームが勝利の流れを生み出せるような試合展開を創ることです。

そのためには、自分が投げていて気持ちいいボールよりも打者心理のことを必死になって考えましょう。

打者の心理状況を分かれば、投球に幅が生まれ、楽な試合展開になることは言うまでもありません。

次のページ:野球選手は野球選手である前に人間

投球術の関連記事

Contents Menu

投手のブルペンでの投球はいくら良くても自己満足でしかない
投手が前で投げる意識をしても上手くならない
投手に必要な練習は、打者を抑える練習をすること
打者にワンバウンドのボールを振らせる方法
投手の基本は打者に打ちにくい球を投げること
投手が「低め」に投げるために「前で離す」と「低め」にいかない

最新記事のチェックにフォローしよう