技術向上

小学生の頃は全員がジャイロボーラーだったって知ってた?

小学生の頃は全員がジャイロボールを投げている

一昔前から「ジャイロボール」という言葉がよく話題にされていました。

全盛期の松坂大輔投手、今中慎二投手、藤川球児投手、最近で言えばダルビッシュ投手もジャイロボーラ―の一人として有名です。

ジャイロボールは何かすごいストレートのようなイメージですよね。

ジャイロボーラーは、ストレートだけで次々と三振をとる豪快な投手のイメージです。

限られた投手に与えられた権限のようなボールです。

投手の中の投手・・・と思いきや、実はここには皆さんが知られざる事実が隠されています。

その事実には少年野球の練習を見に行くと気づくことができます。

もっと言うと、内野ノックの時にキャッチャーをやることでもっと分かります。

それは

大半の野球選手が始めた頃は全員がジャイロボーラー

なんです。

そうなんです、小学生の野球選手は大半がジャイロボーラーです。

しかし、残念なことに大人になるにつれ徐々にジャイロボールを投げることができなくなっていきます。

野球界に常識的に伝えられている投げ方をすると、ジャイロボールを投げられなくなっていきます。

その理由は

指導者がジャイロボールの性質を知らないから

です。

さらに言えば、

ジャイロボールがどのようなボールなのか見わけもつかないから

です。

そのため、野球界で常識的に言われているキレイな回転の投球フォームを教えてしまいます。

すると、子ども達はその教えを素直に実行していくため、だんだんジャイロボーラーは減っていくのです。

しかし、何かの原因で、その教えを守らなかった、守ることができなかった一部の選手がジャイロボーラーであり続けることができています。

次のページ:ジャイロボールとは何なのか

技術向上の関連記事

Contents Menu

技術がないからはタダの言い訳~試合出るための考え方~
日頃のピッチング練習は試合ではいかされていないという悲しいハナシ
野球を今すぐ上手くなりたきゃ体を休めて脳みそに汗をかけ! ~野球肩革命所が伝えたいこと~
あなたは本当にスナップ使ってる? ~投球にスナップは必要がないという事実~
左右対称に鍛える意味はない ~右投手と左投手の身体の使い方は非対称~
投手はピッチング中に声を出して投げた方がいいのか? ~ピッチング中の「大声」の正体~

最新記事のチェックにフォローしよう