大半の野球界の練習は故障するためにやっているようなもの

大半の野球界の練習は故障するためにやっているようなもの

現在の野球界は、ある意味思考が停止してしまっています。

昔に活躍した選手の真似や、名将と言われた監督の真似、優秀な選手の真似を繰り返しています。

ある選手が毎日1000スイングしたと聞けば、1000スイングをする選手が増え、特守を毎日したという話を聞けば、特殊地獄に陥る選手も出てくるというように・・・。

全てが間違っているわけではありませんが、この流れに一体何の意味があるのでしょうか。

確かに、これらの練習も、うまく”ハマる”選手もいるかもしれません。

しかし、大半の選手はうまくいかず、時間の無駄、労力の無駄になってしまう場合が大半です。

一人の優秀な選手は生み出せても、それぞれの個性を伸ばしてやることはできません。

というより、その一人の優秀な選手も本人が何らかの工夫をしただけで、環境が何かプラスに働いたわけではありません。

人間の身体は十人十色です。

有名な選手と言えど、たまたまある練習が”ハマった”だけです。

その「たまたま」を全ての選手に当てはめてしまうことが、どれだけ危険なことか想像するのは難しくないでしょう。

>次のページ:現在の野球界は皆が「安心」を求めすぎる

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手は練習すればするほど勝利のための練習ではなくなる

2017年10月20日

野球が上手くなりたいなら筋肉に余裕を与えろ!

2016年11月18日

野球選手は左右対称にトレーニングしてはいけません

2017年1月7日

野球の指導者は効果を知らない練習を教える

2017年2月3日

世界最強とまで言われるドミニカ野球の秘密を知っていますか? ~ドミニカ選手を支える「竹バット」の秘密~

2016年4月1日

身体を安定させるために必要な筋肉の知識

2016年12月7日