野球肩・肩のケア

野球肩を治療するその前に安静にしてれば良いだけでないことを知ろう。

野球肩を治療するその前に安静にしてれば良いだけでないことを知ろう。

野球肩は野球選手が最も恐れる故障の一つです。

とは言え恐れているだけでは野球選手として上達することに制限を加えることになります(『投手の全ては野球肩予備軍だから上手くなる』)。

そのため、スポーツ選手である限り、野球選手である限り、ギリギリの闘いをしなければならないのが性と言えます。

その結果、故障の治りが悪い、肩の痛みが取れない、腰の治りが悪い、肉離れが癖になっているという状態になってしまうのはある意味仕方のないことです。

そして、どこの病院や、治療院に行っても治らず、痛ければ安静が一番と言われます。

しかし、いつまで安静にしていれば望ましい結果が得られるのでしょうか。

安静にしすぎて、ただでさえ短い野球人生が終わってしまっては元も子もありません。

各ステージ(小学生、中学生、高校生・・・etc…)で結果を残さなければ、次のステージで活躍する機会を得るのがどうしても難しい業界です。

それに加え、野球選手ほどの疲労は単に休んでいるだけでは完全に回復することはありません。

では何らかの故障に悩まされている野球選手はどうすることもないのでしょうか。

そんなことはありません、治療を進めるその前にやって欲しいことがあります。

それは、

糖質制限をすること

です。

なかなか故障が治らず悩んでいる選手は、現在取り組んでいる内容にプラスで糖質制限をしましょう。

>次のページ:野球肩を治療するその前に糖質制限をしよう

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩関節と股関節の関係を理解しよう。
チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリット
野球肩を治療する前に肩が痛いのか違和感なのかの違いを知ろう
野球肩が治らないなら小波津整骨院へ行け! ~松井元選手も認めた奇跡の手~
野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?
投手の肩は休めるだけでは完全に回復することはない

最新記事のチェックにフォローしよう