野球肩を治療する前に痛くなった瞬間が故障ではないことを理解せよ

野球肩を治療する前に痛くなった瞬間が故障ではないことを理解せよ

野球肩を治療する上でも、何らかの対策を考える上でもとても大切な考え方があります。

それは、

野球肩を治療する前に痛くなった瞬間が故障ではない

ということです。

野球のようなノンコンタクトスポーツでは、故障の要因は「外傷(がいしょう)」よりも「傷害(しょうがい)」の方が圧倒的に多いことを理解しなければなりません。

この傷害という知識をもっているか否かで選手生命に大きな差が生まれます。

それぐらい大切な知識なので、明らかな故障をしていないのであれば今の間に知っておきましょう。

仮に故障してしまっていて、なかなか治らないのであれば「傷害」という知識をもとに自分の故障を見直してください。

保護者の方であれば、お子様に、指導者の方であれば選手それぞれに必ず「傷害」に対する知識を伝えてあげてください。

かくいう私も、社会人まで経験した野球を肩関節の痛みの傷害によって野球人生に終止符をうっています。

故障による終焉は、どうしても全力を尽くしきれた気がしないため後味の悪いものになってしまいます。

なんとか取り返しがつく内に、障害の正しい知識を持ってケアやメンテナンスに取り組んでください。

>次のページ:野球肩を治療する前に「外傷」と「傷害」の違いを知れ!

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

何か変えなければ野球肩が再発するのは当たり前のハナシ

2016年2月10日

野球肩を治療する前に野球肩と肩の柔軟性が関係ないことを知ろう

2017年4月8日

春のキャンプで調子がいいのはどうなのか? ~野球選手にとって必要なこと~

2016年2月23日

痛くなった時が怪我ではありません。 ~故障をしていない今だからこそ考えること~

2015年12月15日

肩を冷やすとダメな理由をちゃんと解説してみました。

2015年11月5日

野球肩まとめ2

2016年12月31日