野球肩を治療する前に肩が痛くなる理由を知ろう。

野球肩を治療する前に肩が痛くなる理由を知ろう。

野球選手は「傷害(しょうがい)」により故障をする選手がたくさんいます(『野球肩を治療する前に痛くなった瞬間が故障ではないことを理解せよ』)。

障害といっても様々な部位で発生するケースが存在しますが、なかでも野球人生において致命的な故障につながるのは、肩関節の傷害でしょう。

つまりは野球肩のことです。

毎日投げ続けていると、急になんだか違和感が出てきます。

その違和感がいつの日にか投げる度に激痛が走るようになり、その後は腕さえ振れなくなってしまう・・・といった経験をした人はたくさんいるはずです。

私自身も社会人野球の時に同様の経験をしました。

そんな野球肩を未然に防ぎ、また発症してしまった時に意味のある治療をするためにはあることを知らなければなりません。

それは、

野球肩によってなぜ肩が痛くなるのか

という「痛み」の正体です。

>次のページ:野球肩の痛みの正体

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球肩になる可能性があるからこそ投手が投手であり続ける。

2016年11月23日

投げ込みをするデメリットは知っててやっていますか?

2016年2月4日

チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリット

2017年1月26日

野球肩を治療する前に肩関節のチェック方法を知ろう~part2

2017年4月14日

野球肩を再発させない適切な投球再開時期とは

2017年3月23日

野球肩になる前に肩関節に違和感を感じたら考えること

2017年7月5日