投球術

投手がインコースをつくのは強気とは言えない

投手がインコースをつくのは強気とは言えない

ここ最近、野球の中継が増えてきたように感じてとても嬉しく思っています。

しかし、テレビ独特の言い回しなのか、つい盛り上げようとしてコメントしてしまっているのか分からない内容があったので、野球選手が惑わされないように記事にしておきたいことがあります。

それは、

打者の内角へとボールを投げた時に、実況が「強きの攻めをみせています」というコメントをすること

です。

実際に野球の現場でも、打者の内角へと投球する際に「強気に攻めろ」と表現している光景も目撃するので、私は不安になってしまいます。

一度冷静になって考えてみてください。

本当に打者の内角へとボールを投げ込むことが強気なのでしょうか?

私はまったくそんなことは思いません。

仮に相手打者が内角を苦手とした打者であるならば、そのカウントでは内角が頭の中にないのなら、その内角へのボールは安牌の配球ということになります。

仮に、打者がインコースを狙っているのにも関わらず、インコースへとせめていくことは強くと言ってもいいのかもしれません。

しかしそれであるならば、またアウトコースを狙っている打者にアウトコースを投げることも、ストレートを待っている打者に対してストレートを投げることも、変化球を狙っている打者に変化球で勝負を挑むことも強気と言えます。

となると「強気」の定義は

コースや球種には関係なくシュチュエーションによって変化する

ということです。

投手は強気に投げるかどうかよりも考えなければならないことがあります。

>次のページ:投手が強気に投げることよりも必要なこと

投球術の関連記事

Contents Menu

前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない
勝つ投手とは
優秀な投手だけが知っている正しい決め球の考え方
投手にとってコントロールが必要な本当の理由
プロ野球選手でも知らない最強の投球術
投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる

最新記事のチェックにフォローしよう