トレーニング

投手なら軽いゴムボールでキャッチボールせよ!

野球選手なら重たいものより軽い物で練習した方がいい

野球界では昔から様々な練習が行われてきました。

重たいバットでのスイングしたり、重たいボールでの投球したり、タイヤを引くランニングなど、上げ始めてたらキリがないほどです。

しかし、それらの練習の根本的な部分を見ていくと、野球界の練習は何十年も変化していません。

それは、

負荷を目的の反対方向へとかけながら行っていること

です。

シンプルに言えば筋肉量を増加させるための練習です。

しかし、野球界はそろそろ筋肉の特性に気づくべきです。

野球選手に必要なことは単体の「動作」ではありません。

あらゆる「動作」の「複合」が重要であって「単体」ではありません。

具体的に言えば、部分的な筋肉量を増やしたところで、するどい打球が打てるようになったり、速いボールが投げられるようになるわけではありません。

負荷をかけた後なので、感覚的にボールやバットが軽く感じるようになっているだけです。

では、複合的な動作のエネルギーを大きくしようと思うとどうすればいいのでしょうか。

答えは「身体の使い方を知ること」ですが、身体の使い方を知る方法は簡単ではありません。

なぜなら、

身体の使い方は人それぞれだから

です。

そのため、自分自身で様々な方法を検証し、自分の感覚をもとに使い方を探るしかありません。

では次の問題が出てくると思います。

そうです。

それは

どうやって自分の感覚を知っていくか

という問題です。

これに絶対的な答えは存在しませんが、一つのおススメの方法があります。

それは

重たいものではなく反対に軽いものを振ったり投げたりすること

です。

>次のページ:投手なら軽いゴムボールでキャッチボールせよ!

トレーニングの関連記事

Contents Menu

人間は「できないこと」を練習しても一生できない
野球界のがむしゃらな練習ほど無駄はない
常識で考えたホームランの打ち方
「体幹」ってなんのことか知っていますか? ~体幹には肋骨も含まれます~
野球選手が冬場のトレーニングに必要なこと ~冬場のトレーニングのヤリだめはもって3週間~
身体が強いから怪我・故障をしないという誤解

最新記事のチェックにフォローしよう