走って野球が上達する選手よりも下手になる選手の方が多い

野球が上手くならないのはセンスがないからではない

野球選手の中で、全く走り込みをしていないのに結果を残し続ける選手が周りにいないでしょうか。

彼らは野球のセンスがあるから練習なんてしなくても上手くなっているわけではありません。

反対にいくら練習をしても伸びない選手に野球のセンスがないわけではありません。

ただ、

意味のある練習をやっていたかどうか

が両選手を二分するものです。

決して練習量で差が生まれたり、同じことをしたから同じ結果が生まれるわけではありません。

練習には、それぞれメリットとデメリットが必ず存在し、それらのメリットやデメリットは人それぞれ反応や効果に違いが生まれます。

練習や取り組みは、常に結果を追いかけて、その結果を直視すれば答えが全て分かります。

野球選手にとって必要な練習はシンプルです。

結果がでれば意味があり、結果が出ないのなら無意味です。

そこには誰が言ったとか、昔からの伝統だからとかは一切関係がありません。

野球選手の選手生命は人生の中で一瞬です。

そんな短い野球人生を無駄で無意味な練習で埋め尽くしてはいけません。

結果がでないならアプローチ(練習方法)が間違っているだけと冷静に諦め、別の方法に取り掛かりましょう。

センスや練習量を言い訳に使ってはいけません。

野球選手がやるべきことは、野球が上達する練習をやることです。

それ以下でも、それ以上でもないはずです。

あなたは何のために練習をしていますか?

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

スピードボールを投げるために必要なトレーニング

2017年11月21日

野球選手は練習で下手になるという可能性を見ない

2017年7月24日

野球選手としての「強い」の定義を明確にせよ

2017年4月30日

世界最強とまで言われるドミニカ野球の秘密を知っていますか? ~ドミニカ選手を支える「竹バット」の秘密~

2016年4月1日

筋トレが野球選手に無意味な理由

2016年7月23日

ピッチャーは今すぐ走り込みをやめましょう。

2016年8月8日