ストレッチ

いくら腕回しをしても、野球選手の肩は温まらない。

いくら腕回しをしても、意味をなしていない

野球選手、中でも投手がアップために、「肩」や「腕」をぐるぐる回している光景を見ると思います。

しかし、

肩を温めるのに腕回しを行ってもほとんど意味ない

って知ってましたか?

この事実は中々強烈ではないでしょうか。

定番中の定番であるアップ方法が意味がなかったと知ったら当然のことと言えば当然のことです。

それでは、「肩」において準備段階としてのアップに求められることとは何でしょうか。

それは

一番ストレスを受けやすい筋肉の血流をいかに上げるか

が重要になってきます。

これを大前提とした場合、「腕回し」はその効果はほとんどなく無意味な行為です。

なぜなら、「腕回し」というのは「肩甲骨」がメインで動くために「肩甲骨周囲」の「筋肉」はよく動くようにはなります。

しかし、投球動作を考えれば

肩関節の回旋筋群が重要

なんです。

>次のページ:投手が「肩」をあたためるために本当に必要なこと

ストレッチの関連記事

Contents Menu

【野球肩の対策】ストレッチが肩関節の可動範囲を狭めている?!
アキレス腱をストレッチで伸ばすとキレやすくなる
ストレッチはいい加減にやった方が効果が大きいって知ってた?
あなたのストレッチは無意味だったらどうしますか?
大半の野球選手はウォーミングアップの目的を知らない
野球選手にストレッチはいらない

最新記事のチェックにフォローしよう