野球肩・肩のケア

野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がないpart2

野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない

以前の記事(『野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない』)で、胸の領域の大切さをお伝えしました。

タイトルにもあった通り、「野球肩」で「肩」に「痛み」が出た時に「肩」ばかり気にしていては、本当の意味で治ることはありません。

なぜなら、「ボール」を投げるという行為は「肩」だけで実現しているわけではないからです。

そして、本当の意味で「治療」や「対策」をするためには、

「筋肉」の「柔軟性」ではなく、「関節」に適切な動きを与える必要がある

とお伝えしました。

今回は、もう少し「関節」について詳しく記したいと思います。

まずは前回の復習部分から記していきます。

>次のページ:【野球肩の対策】投球する時に働いているのは「肩関節」だけではない

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩を完治させるための注意すべき痛みの場所
野球肩を治療する前に肩関節が不安定であるから安定を生むことを理解せよ
遠投がすごいことが投手の条件ではないと理解しよう
インナーマッスルを鍛えても意味がない?! ~インナーマッスルの正体~
投げ込みをするデメリットは知っててやっていますか?
肩がひっかかる・ぬけるという違和感は野球肩のはじまり

最新記事のチェックにフォローしよう