トレーニング

筋トレが野球選手に無意味な理由

筋トレが野球選手に無意味な理由を考えましょう。

野球界では「伝統」という言葉を隠れ蓑にして、あまり意味のない(むしろ悪影響)練習が多数存在します。

スポーツ界は様々な進化を遂げている中で、野球界は過去の栄光があるばかりに新しい考え方を取り入れるキャパを持っていない人が多数います。

野球選手は単純に重いモノを持ち上げるような筋肉は不必要で、パフォーマンスを向上させるための筋肉が必要です。

つまり、野球の動作に直結するようなトレーニングをしなくては意味がないということです。

パーツ毎に鍛えてしまうと各筋肉の連動性が落ちるため、野球におけるパフォーマンスは低下しながら怪我や故障のリスクを上げてしまいます。

この事実を検証するためには、野球の練習を完全に辞め「筋トレ」だけを行い続けてパフォーマンスが高まるか検証してみればすぐに分かります。

もっと利口な方であれば、ボディービルダーの人が速い球を投げられるのか、打球が遠くまで飛ばせるのかを考えれば答えは明白だと思います。

トレーニングをする上で必要なことは、

体を動かす上(つまり「動作」)で各組織や各器官の役割をシンプルに考え、その内容を練習と結びつけていく方法を考えること

です。

>次のページ:身体の各部の役割について

トレーニングの関連記事

Contents Menu

野球選手にとって下半身が大切な本当の理由
投手がピッチングの時にフラフラしてしまう原因
走るための持久力と投手のスタミナは全くの別物。
投手にとって必要なスタミナは持久力ではありません。
野球選手にとって「走り込み」に求めるものはただ一つ ~「走り込み」はほとんど無意味~
人間は「できないこと」を練習しても一生できない

最新記事のチェックにフォローしよう